車の査定と色続き

車の査定と色続き
確かに業者側では、査定にプラスになる色、マイナスになる色という基準もある程度、定められているようです。
それは、車の種類と年式によっても違ってきます。
何年代、某車種の人気カラーは黒、何年代の某車種の人気カラーはシルバー、と言うように、年代別、車種別に人気カラーが違っています。
この条件に当てはまっていれば、需要も大きいということで、あなたの車の査定額は高くなるというわけです。

時代の流れも関係してきますし、バブル期には、派手なカラーの車が流行っていましたが、今はそのような需要があまりありません。
中古車の査定については、車自体のコンディションのほかに、色も大きく関係してきます。
独自でカラーリングをしたり、キズが入っていたりしますと、これは査定で大きくマイナスになります。
場合によっては、買い取りをしてくれないこともあります。
自分の好きなカラーに塗り替えたために、買い取りの金額がグンと下がってしまったなど、よくある話です。

そもそも、買い手の方は、車種は好きだけど、この色は嫌いだし乗りたくないという傾向が多いですよね。
これはみなさんも車を買う際に、同じように思うでしょう。

ボディカラーと査定のことについてお話してきましたが、好きな色の車に乗ることは一番の幸せではないかと私は思います。
購入の際に、売るときのことを考えて好きではない色の車に乗ることもどうかと思いますし、好きなカラーに乗ることで喜びを感じるのでしたら、売るときのことはあまり考えないことですね。


コメントは受け付けていません。