パーツを交換している車の査定

パーツを交換している車の査定
愛車の査定額、少しでも高く売りたいと思うのはどなたでも一緒です。
普通に乗ってきた車なら、問題ありませんが、中には車にパーツを付け加えたり交換したりしている方もいますが、その場合、査定はどのようになるのでしょうか?
愛車をカスタマイズしたいという方は結構、たくさんいらっしゃると思います。
購入後、いろいろなパーツを自分でつけたり、業者に頼んでつけてもらったり、自分の好きなようにカスタマイズしたのは楽しかったでしょう。
ですが、査定の際、どのように影響するのでしょうか?

パーツと言っても本当に種類はいろいろあります。
基本的に言いますと、メーカーで販売している純正オプションパーツをつけている車は人気があります。
ですから、純正パーツを足している場合、査定もプラスになるでしょう。
反対に、メーカー純正ではない、パーツをつけている車に関しては、査定金額が下がる可能性が大きいです。
高いパーツを付けてあるのにも関わらず、パーツ価格は査定額にプラスされないどころか車の査定額が下がることがあります。

では、どうして高いパーツを取り付けてある車なのに、純正のパーツ以外は査定がマイナスになることがあるのでしょうか?
それは、そのパーツがかっこいいのか、どうか、人の好みが違うからです。
車の所有者は、このパーツが良いと思って取り付けます。
ですが、他の人から見たら、それはかっこいいとは思えないケースが多々あります。
極端な話ですが、みなさんも、時々、改造されている車を見かけることがあると思います。


コメントは受け付けていません。