車のコンディションと査定続き

車のコンディションと査定続き
外も中もきれいなら査定額もアップしそうですよね。
普通に乗っているだけでも、車内は土や食べこぼしなどで汚れていますし、ホコリも知らず知らずにたまっています。
風雨にさらされている車はボディも汚れますよね。
このような汚れは洗車できれいになりますし、ワックスで磨きあげれば見違えるようになります。
ですが、車についてしまった小さなキズ、これはどうしたらよいでしょうか?
事故を起こしたわけでもぶつけたわけでもなく、通常の使用で知らないうちについてしまったキズ、スレなど、査定にはどのように影響するのでしょうか?
修理に出してから査定したほうがよいのか、悩む方が多いと思います。
ですが、これらの小さなキズは、査定に大きな影響は与えません。
車を普通に使っていて、その年数、相応のキズは査定に響くことはありませんので、必要以上に気にしたり、修理に出したりしないことですね。

では、使用年数に相応のキズ以外のもの、へこみや、ひっかいたようなキズは、どうでしょうか?
そんな時は、自分でコンパウンドを使って磨けば、キズも修復できることがあります。
それくらいの小さなキズでしたら、査定の前に自分で修復してしまいましょう。
ですが、これは得意な方に限ります。
修復するつもりが余計なキズになってしまったり、車の扱いがそもそも苦手だったりする方は、何もせずに査定に出したほうがよさそうですね。
実は、修理に出したとしても、その金額が査定にプラスになることはなく、結局は損をします。
ですから、修理に出さず、そのまま査定に出したほうが無難と言えるでしょう。


コメントは受け付けていません。