走行距離と車の査定続き

走行距離と車の査定続き
極端に走行距離が少ない車、いつも走っていない車は、反対にコンディションが悪くなっている場合もあるからです。
動かしてない車、ずっと保管してあった車は動作不良が起きやすいですからね。

この走行距離による査定のプラスマイナスは「中古自動車査定基準」で定められているものなので、どの業者も同じだと思います。
基準では車の年式別に基準ラインがありますので、そのラインより走行距離が超えていればマイナス査定、少なければプラス査定です。
その査定額のプラス額、マイナス額は、車種やクラス別で基準が別に設けられています。

1年に10000キロならば、2年で20000キロです。
3年間で20000キロしか走行距離がなければ、プラス査定になります。
3年間で50000キロ走っていたら、マイナス査定となります。
無理なく年数に応じた走行距離であれば、問題はありません。
運転が大好きという方、趣味がドライブと言う方、休みの旅に遠出ばかりしている方、車での旅行が大好きな方、このような方は、年間の走行距離はかなりの数になっていませんか。
標準の年間走行距離を大きくオーバーし、酷使された車は残念ながら、それほど期待できない査定額になるでしょう。

もちろん、走行距離が重要視されたとしても、プレミアが付いた古い車種の場合は査定も変わってきます。
また、年数も同じで、同じ車種であっても、マイナーチェンジとか、フルモデルチェンジなど、こうした要素でも査定が変わってきます。


コメントは受け付けていません。