車の査定と洗車続き

車の査定と洗車続き
査定に出す際は、自分の持ち物をすべて撤去しますが、横のドアポケットなど自分の持ち物が残されている場合がありますので忘れないように撤去しましょう。
また、トランクの隅々までゴミや持ち物が残っていないか見ておきます。
シールなどは、きちんとはがして、あとがのこらないように掃除しておきましょう。
シールのべたべたは消しゴミで擦ると落ちますよ。

車内は、とにかく前の持ち主の痕跡がないほうが良いです。
シールや手垢、持ち物などが残っていたり、髪の毛が落ちていたりする場合、使っていた人を想像してしまいますよね。
そうなると車の査定はマイナスなのです。

例えば、ホテルの部屋を思い出してください。
お掃除が行き届いていて、前に使った人の痕跡がまったくありませんよね。
これと一緒で、車も前に使っていた人のことを思い出すようなことがないように、しっかりとお掃除したいですね。

ボディは洗車をしておくほか、ワックスをかけて磨いたり、サビ止めをしておいたりすると、当然、査定もよくなります。
時間がありましたら、是非、そこまでしておきましょう。
お金を出してスタンドでやってもらう必要はありませんので、自分で出来る限りのことはやっておきます。

買い取り業者は、出来るだけきれいな車を買いたいと思っていますし、汚いなら買い取り後、お金をかけてきれいにしますから、当然、その分は査定がマイナスになります。
買い取り業者を探すことで労力を使い果たすよりも、業者選びはほどほどにして、あとは洗車と掃除に時間と労力をかけたいものです。


コメントは受け付けていません。