車の査定と交渉

車の査定と交渉
中古車の査定で影響することは、いろいろありますが、なんと、オーナー自体が査定に関係あることを、みなさんはご存知でしたか?
車の査定を行う人も人間ですから、相手次第で、査定金額が多少変わってくるということもあります。

例えば、どんなオーナーが査定をアップさせるのかと言えば、もし、そのまま査定後に、売却するようでしたら必要書類をすべて用意してあると印象は良いですよね。
査定を行う人は、その後の必要書類など、世話をやく必要がなくなりますからね。
そして、車の取り扱い説明書などをきちんと用意しておくことです。
ワンオーナー証明書も必要ですから、事前に用意してあればスムーズですし、査定する人もやりやすいと思います。
反対に、お願いしておいたことを守ってくれないオーナーさんには、イライラさせられると思います。
もっとも、オーナーはお客さんですから態度には出さないにしろ、その影響は査定に出てくるかもしれませんね。
売る側も必要なものはちゃんとそろえ、業者側に迷惑をかけないようにしたいですね。

さて、オーナーの人柄が査定にうまく影響すれば、こちらも有利ですよね。
その後、査定金額が決定してから、次に値段交渉に入る際も、それまでの人間関係が影響してくると思います。

査定の際、値段が出された後、それをそのまま受け入れる人、交渉する人、いろいろだと思います。
それまでのオーナーの印象が、ここからさらにものを言う場面だと思います。


コメントは受け付けていません。