車の査定と交渉続き

車の査定と交渉続き
あまりしつこくしすぎてもダメですから、ほどほどにお願いすることが良いですね。
しつこすぎると相手も嫌になって、これ以上はもうだめですと早めに見切りを付けられてしまいます。

「この車は、希望価格がいくらで、そこまで行かないのならせめて、これだけあげて欲しい」とか、的確に希望を伝えます。
査定金額が出る前のやりとりがうまく行っていて好印象なら、先方も話を聞いてくれるはずです。
相手が不快に思わない程度に、自分の意見をきちんと伝えます。
そうすれば、間を取った金額など、相手も譲歩してくれるケースも期待できそうです。

中には、決断を急がせるように「今日、決めてもらったら、いくらにします」と言う業者もいるでしょう。
その査定金額が納得できるのなら、即、決断しても良いでしょうが、まだまだ他社と比較の余地があるなら、その場で決めることはやめておきましょう。

少しでも高く売りたいのなら、焦りは禁物です。
数社、掛け持っている方は、どのお店なら気持ちよく取引できそうか、値段も納得できそうか、数日かけて考えてみることもよいです。

金額的には得をしたけれど、店舗と相性が合わず、なんとなく嫌な取引をしてしまったという失敗談もあります。
やはり、気持ちよく取引するためには、値段だけでなく、サービスや担当者との相性も大切ではないでしょうか。
最初にお話したように、車の買い取り業者、査定する人も人間ですから、金額だけでなく、信頼性や人柄もお互いに考慮したいものですね。


コメントは受け付けていません。