中古車を売る方法

中古車を売る方法
車を手放したい場合、中古車を売る方法で選択肢はいくつかあります。
みなさんも利用したことがあると思いますが、一番、多いケースは、中古車買い取り業者に査定してもらい、そこで売ることです。
買い取り専門店の業者に出すことが一般的で、私もなんどかお願いしたことがあります。
車種や年式、車のコンディション、走行距離など、いろいろな面をチェックし査定をします。
その査定金額が、希望額と合えば契約成立というわけです。
この方法が一般的ですが、その店舗との関係が「車を売る」と言う一方的な関係だけなので、査定額の交渉も難しいところがあります。

例えば、車を手放すとしても、多分、新しい車を買うから古い車を処分するのでしょうから、その場合は、新しく車を買おうとしているお店に、下取りをしてもらうことも良いでしょう。
このケースは、その店舗にとって、あなたは車を買ってくれるお客さんでもありますから、査定額もおまけしてくれるかもしれませんよね。
運がよければ、購入する車も何かサービスがつくかもしれません。

また、車を個人で売買することも方法のひとつです。
例えば、知人に売ったり、インターネットで売ったり、オークションにかけたり、こうした方法もあります。
この場合、買い取り価格より高く売れる場合もありますが、手続きはすべて自分でやらなければならないという面倒もありますね。

中古車を手放す際、その方法はいくつかありますが、それぞれメリットもあり、デメリットもあります。
ですから、自分に合った方法で行うことが良いでしょう。


コメントは受け付けていません。