新しいサービス業が走りはじめます

PR







サービス業 食の、あたらしい風。

「失敗しても良いからやってみろ」

いや・・

ダメだろ。

アホか。

仕事だろ。

失敗なんかしたらダメだろ。

オンデーズでは

「失敗しても良いからやってみろ」なんて禁句である。

そんなことを言うトレーナーがもしいたとしたら張り倒す。

「失敗しないようにやりなさい」と指導、教育をするようにしている。

これは至極当たり前の話だと思う。

仕事をして、その対価として「お金」を貰う以上は、アルバイトだろうが、新人だろうが、ベテランだろうが「プロフェッショナル」でなければいけないと思う。

プロフェッショナルである以上

一つの物事

一つの仕事に取り組む際に

最初から

「失敗してもいい」

「上手くいかなくてもしょうがない」

なんて

絶対に口に出しちゃいけないし

考えてもいけないと思う。

最初から

「失敗してもいい」

などと考えながら取り組む仕事は

だいたい失敗するもんだ。

失敗してもいいからやってみる仕事なんて

負けもいいと考えながら試合する野球

みたいなもんだ。

それじゃあ勝てなくて当たり前でしょ。

そしてビジネスにおいての失敗ちは「損失」だ。

ビジネスである以上、不用意に「損失」を出す事は、防げるものなら何がなんでも防がなければいけない。

僕らはメガネ屋は小売業でありつつ

接客・サービス業でもある。

そのスタッフが、お客様に向き合う時。

「失敗してもいいからやってみろ」

なんて言ってお客様の相手をさせるとしたら

そもそもお客様に対して失礼だ。

プロの仕事とは

万全な準備を繰り返し、仮定や想定を幾重にも重ねながら、何度も確認し、あらゆる可能性とリスクを鑑みた上で「絶対に失敗させない覚悟」を持ち、本気で取り組まなければいけない。

「仕事を上手くいかせる」為には、そういう「本気」の努力が必要なのだと。

だから上司は気軽に

「失敗してもいいからやってみろ」なんて

無責任な事は決して言ってはいけないし

部下も

「失敗するかもしれませんが、やらせてみて下さい」

なんて決して言っちゃいけない。

オンデーズにおける正しい仕事へのチャレンジの仕方は

「やるからには、必ず成功させなさい。準備は万全か?漏れはないか?他にやれる事はないか?考えられる限り全ての努力はしたか?」

と厳しく綿密に、且つ具体的にフォローする上司と

「やるかにらは必ず成功させるので、失敗しそうな可能性があれば事前に教えて下さい。」

と必ず成功させるべく教えを請う部下により成立していかなければいけない。部下を持った人、人に指示する立場になる人は、くれぐれも「失敗しても良いからやってみなさい。責任は私がとるから」なんて上辺だけの「指導者かぶれ」にならないように気を付けなければいけばい。

人を指導する立場になった、あなたの仕事は、部下に失敗をさせる事ではなく、部下の仕事を100%の確率で成功させていく事です。

その全力で挑んだ仕事の結果

当然、失敗することもあるでしょう。

その失敗は当然責めるべきものでもないし

処罰の対象になるものでもない。

ましてや、誰かが責任をとるとかいうものでもない。

そして、そういう「本気で努力」した末に力及ばずおかしてしまった失敗のみ自分達を育ててくれるのである。

だから

オンデーズで働く人は

「失敗しても良いからやってみろ」

なんて気軽に言っちゃ絶対にダメなんだ。

[Even it will fail, just do it.]

What?

Are you crazy?

It’s work. There is no way you can fail your work.

In OWNDAYS,
We have told everyone and educated all our staff [You will not allow to fail.]It’s prohibiting in OWNDAYS to say [It’s fine to fail but just try first.], if there is any trainer who said something like this I will know down them.

I really think it’s just comment sense.
While facing work, you have exchange your work for [Money] no matter you are part-time staff, new staff or experienced staff, you have to be [Professional].

To be professional, when you facing one job it’s impossible that you start with,

[It’s fine to fail.] [Even things don’t go well, I can do anything to help.]

It’s something that we are not allowed to say.

If you start with

[It’s fine to fail.]

If you have the thought, of course you will fail your job.

[Fail] means lost of profit in business.
If you are a professional businessman, in order not to cause any [Lost of profit], you will have to do everything you can to prevent it to happened.

Especially, when you are facing customers, you can’t say that
[It’s fine to fail.]This is something very rude to customer.

The professional work is to prepare everything we can in advanced and try to image all the possibilities and make sure everything is good to go to have the determination [Never to fail]

In order to [Work in efficient way], it’s very important to make your [Determination]

Managers are not able to say something like [It’s fine to fail but just try.]Staff also needs to know that you are not allowed to say [Maybe I will file but can you let me do it.]

The correct way to challenge new work in OWNDAYS will be

[If you need to do, you have to success! Have you prepare well? Is there anything that hasn’t been done? Do you still have thing to do? Have you tried your best for the things you can image?]

Managers can follow up thing like this.

[I will make this success so if there is any possibilities that will make the things fail, please let me know first.]

It’s important to ask for advices in advanced to avoid any failure.
People need to give the directions will need to be careful that they have [Manager core].

Managers are on the position to educate people and to make sure that staff will not fail their job and to help them to make the work success.

You have to try your best and sometimes you may fail.

And this is the time when you first educated by failure.

However, you will never be able to say that [Even it will be failed just do it first]

あなたの欲しいサービス業をリアルタイムでお届け

狂気の人…チャペルでの悲劇!

お盆休みですよね。
11日に有給取ったから土日挟んで
6連休になる\( ^o^ )/って喜んでいたのに
あっという間に最終日で
うちはダンナさんはサービス業だから
お盆休みカンケーないし
子供らも バイトやら何やらで
お盆感 全然なくて
お墓参りに行ったくらいかな。。
冷蔵庫が買い換え時に来てて 13日に
ちょっと見に行ったら 翌日配達出来るよと。
今使ってるのを外に出して 外の冷蔵庫を
引き取ってもらうために 色々片付けて…
冷蔵庫 新しくなったら その周りも
触りたくなって
結局ずーっと 片付けて掃除してと。
お値段以上のお店で 棚とかラックとか
買い込んで来ました。
そうそう。Twitterで奥森家の水切りカゴが
勝手に水が流れるタイプって見てね。
斜めってるね。うちのもそうなんだけど…

ただ  オシャレ感が全く違う

現実は…こんなもんです

めっちゃ 前置き長くて ごめんなさいm(_ _)m

爽ちゃんに届いた 黎くんのお父さんから?の
荷物。あの時のトロフィーと 髪飾りが
黎くんが家出る時の黒い影…誰?
花火会場では女の人かと思ったけど
肩幅結構あるかも…男性?

心配してあれこれ言ってくれる爽ちゃんに
声を荒げちゃう黎くん
爽ちゃん 何でこんなに怒るの?って
思ったよね?
帰宅して 見せた時 お母さん驚いて 
落としちゃったけど…不気味な笑い
お母さん…やっぱ怪しい???
荷物追跡から 受付店へ行ったけど
教えて貰えるわけもなく
そこで届いたメール 送り主は
その場にいた果凛ちゃんなの?
もうひとり怪しいのは 虎太郎かな。。。
秘密がバレたらそこで終わり…
取り調べ中に 虎太郎が 言った言葉
真っ当に生きてない奴に 大切な人を幸せに
するなんて 絶対に出来ないから
自分と重ねてしまう黎くんの表情が
みんなで飲み会 来る?ってとこから
指輪の話を出して来た虎太郎。
ラストのチャペルでの悲劇はこいつか?って
思ってしまう
思わぬ形で? 爽ちゃん兄と対面した黎くん
他には面倒な事ねぇよな!
面倒な事…面倒な事…面倒な事…
留袖新調した爽ちゃんママの言った
せっかく幸せになろうとしてるのに…は
爽ちゃんの嘘ってヤツは 
事件に巻き込まれた過去?なのかな??
風見先生  爽ちゃんの名前聞いて驚いてる
立花 爽  予告の犯人は風見先生の事???
結婚指輪見に行って 試着って言うのかな?
しようとした時にタイミングよく
あの時の曲が
また 不信感を抱き出した爽ちゃん…
爽ママの 君と居るとほっとするって
あのパパが言ってくれたって言葉
香坂先生の腕時計と関係ある?
隠せない。
爽の前では 上手く隠せない
なかった事に出来ないって言う黎くんに
それでも隠さなきゃって
黎くんのお母さんの電話の相手は
爽ちゃんのパパなのかな?
黎のお父さんから荷物が届いたって
話聞いたから かけてきた?
相手の全てを受け入れたいってのは
自分の全てを受け入れて欲しいの裏返し。
公判記録18年 10月15日の日付。
黎くんのお母さんが見てた日記?も
2006年。裁判の発端はこの年なの?
息子ってのは父親に大きな理想を抱いてる
それを裏切られた時の反動はデカイ
爽ちゃんの事件?
それを暁人が追ってるの?
父が戻ってきても家族には 
なれないって話す黎くん
ピースって 楽しさや喜び
そんな贅沢なものを自分が感じちゃいけない
と思ってたと。
父を嫌いになる前の本当の自分でいられる。
結婚認めてください 黎くんよく言った。
内定取ってから言え!と
ここのシーンなんか好きだなぁ。
ほっこりするシーンもないと
心臓持ちません。
婚約指輪って 貰うと嬉しいもんですか?
無理したいんですの時に映された
香坂先生の腕にある男性用の時計。
これって さっきの爽ちゃんママの
君と居るとほっとするに繋がってる?
奥森黎の秘密は手帳の中
虎太郎が送ったメールだと勝手に思ってる
けど…
2007年9月3日の写真が挟んである
爽ちゃんの事件の日?
みぃつけたって後を追って着いた先は病院
院長室へ向かう政治家だよね
汚職絡み? 
婚約指輪引き取りに行ってデスクに
戻る黎くんに 虎太郎 指輪?と
怪しい
最初から全部話してくれてたら…
このワード 気になるんですけど
黎くんの部屋。
これもTwitterで見たんだけど 
扉が 勝手に閉まってくのと
クローゼットのアップは?
誰かが潜んでるって事だよね。
指輪 すり替えるんだもん そうだよね。
果凛ちゃんが鍵持ってたから
虎太郎も合鍵作った?
爽は俺が守るから。何があっても
決意したのに 何で指輪がお父さんのに
すり替わってるの
家出る時に ちゃんと中 確認しようよ
予告のザワザワ 半端ないね。
めっちゃ長くなってしまって
ごめんなさい…☆

PR







コメントは受け付けていません。