サービス業という病気

PR







サービス業通販ショップ

20代から30代前半にかけて、男性はお医者さま、弁護士さん限定の婚活パーティーに参加したことがあります。

女性は1万円とか高い会費ですが、男性は無料か2?3千円程度。
サクラもいたのではないかと思います。
その頃はじゃらんでパーティーを見つけて参加してました。
バブルは弾けてましたが、バブル期を謳歌した人達で、しかもお医者や弁護士さん。
クルザー持ってるので、今度一緒に!とかそういうお誘いも。
女性全員の電話番号聞いてる人もいました。
10回以上はそういうパーティーに参加したあと、私には向いてないと感じて参加をやめてしまいました。
私自身が劣等感を感じてしまって、お付き合い出来ても対等な関係は出来ないだろうなぁと思ったからです。
まぁ、マッチングした方もいなかったですし。
パーティーで電話番号教えた方からお誘いの電話があった事はあります。
その時のパーティーは男性側が申し込みしに対して、女性がOK出して成立する形式。
その方から申し込みなかったってことは、他の方に申し込んでOKもらえなかったから、私に連絡して来た??
と勝手な勘ぐりとバカなプライドでお断りしてしまいました。
今思えば、お医者さまとか弁護士さんって人間相手の言わばサービス業。
人あたりが良くないと商売にならないですよね。
年とともに病院に行く回数も増えて来て、イケメンで親切なお医者さまに会うと、私の昔の思い込みを恥じてます。

サービス業厳選ショップを探し倒そう!

マッサージやコンサルタント、引っ越しなどのいわゆる「サービス」には、普通の「商品」とは異なった特性があります。

①無形性、②非均一性、③不可分性、④消滅性、⑤需要変動性、の5つです。

弊所の商標登録サービスも含め、サービス業を提供する側としては、このようなサービスの特性を認識した上で、マーケティングを行う必要があるといえます。

具体的に、各特性の特徴と、その一般的な対策は、以下の通りです。
①無形性:

形がなく、目で見たり、触ったりできない。

(対策)
サービスを可視化して、分かりやすくする。
ホームページに、導入事例などを掲載する。

②非均一性:

誰が、いつ提供するかで、サービスの質が異なってしまう。

(対策)
マニュアルの導入や機械化により、サービスの質にバラつきが生じないようにする。

③不可分性:

提供する人が必ずその場にいなければならない。

(対策)
複数の消費者に対応し得る仕組みを作る。また、サービスを記録・保存する。

④消滅性:

生産と消費が同時に行われ、在庫することができない。
(対策)
セルフサービスや予約システムを導入する。

⑤需要変動性:

季節や時間帯、天候などにより、需要が変動する。

(対策)
閑散期に割引価格を適用して、需要の均一化を図る。

弊所の商標登録サービスに関しても、上記特性に鑑み、色々と改善を図っています。

弊所のお客様や本ブログの読者の方の中には、サービス業を営まれている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

ぜひ、上記サービスの特性の観点から、改善点や営業のヒントを見出してみてはいかがでしょうか。

 

アポロ商標特許事務所
Apollo Trademark and Patent Office

商標登録・意匠登録なら、弊所にお任せください!

知財のプロ弁理士が最後まであなたをサポートいたします。

〒101-0065
東京都千代田区西神田3-1-2 ウインド西神田ビル7階

TEL: 03-3263-5678

営業時間: 平日9時~18時

◆ 商標登録 ◆

◆ 意匠登録 ◆ 

Facebook  いいね!&Twitter フォロー

よろしくお願いします!

            

無料 知財メルマガ 
「」発刊中!

 

PR







コメントは受け付けていません。