サービス業の憂鬱

PR







サービス業販売店

もうすぐゴールデンウィークですね。

海外旅行、国内旅行、テーマパークなど、みんなリッチでうらやましい限りです。

うちの場合、昨年までは、サービス業の会社勤めだった旦那はGW休みなどなく、

私も、この時期が1年でいちばん仕事量が多いため、

「ゴールデンウィーク?なにそれ?おいしいの?」状態でした。

今年から、個人事業主となった旦那・・・

取引先がお休みとなるため、初めてGWにお休みを取るらしいです。

旦那「ママの予定は~?」

私「お仕事た~くさんくるから、パパとデートできない、ごめんね~」

旦那「そっか~?子どもたちは?」

私「長男くんはバイトとデート、次男君は部活と勉強で忙しいみたいよ」

旦那「あ~じゃあ、末っ子ちゃんとどっか行こうかな?」

不倫真っ最中だったら、一人でいそいそと出かけて行っただろうに・・・

ちょっと安心する私・・・

私も仕事は忙しいけれど、在宅ワークなので、お買い物デートくらいはしてあげようかな。

ちょっと前に判明したのですが、旦那の不倫期間がだいたいわかりました。

2015年7月から2016年の3月までの約8か月間です。

なのでゴールデンウィークは私は平静でいられます。

怖いのは7月からですね。

旦那の誕生日、夏休み、女の誕生日など、スイッチの入りどころ満載です。

それまでに、もっと強くなっていたいな・・・

落ち込んだりもしたけれど、サービス業です

旅行が大好きなM君。


CAになって世界を旅したいとサウジアラビア航空に応募していた。



一次の書類審査を突破し、明日ジェッダで二次面接があるのだそう。



海外では、一般的に客室乗務員は良い仕事ではありません。アラブの世界では、客室乗務員の地位は更に低い。



例えば、エミレーツ航空、エティハド航空、カタール航空は中東で人気のエアライン。しかし、現地のアラブ人でCAになる人はいません。3社とも世界中で面接を実施し、外国人を雇用します。現地人はサービス業に就きません。サウジアラビア航空も同じです。CAやグランドスタッフは皆外国人です。


サウジアラビア人が、しかも男が、CAになりたいだなんてサウジアラビアでは考えられない大問題です。


それでも二次面接に行きたいと言うM君にM君パパの怒りが大爆発。
もし二次面接に行くのなら、この家には一生戻って来るな。

家族全員で昼食をとっていた時で、みんなシーンと静まり返ったそう。


サウジアラビア人がサービス業に就くなんてお前は家族の恥だ。

大学に行かせて、留学にも行かせたのに、お前は出稼ぎ労働者(サウジアラビア航空のCAさんは、メイド派遣国のフィリピン人やインドネシア人、インド人が多い、そしてみんな女性)と一緒に、チキンですか?ビーフですか?って女みたいな仕事をするのか。


お前、D(私)の親には何て説明するんだ。

僕はキャビンアテンダントで?す。Dと結婚させてくださ?い。とでも言うのか。と、M君パパが身体をクネクネして女性の仕草をしながら言う。


ここで笑いをこらえきれなかった兄弟姉妹が退場させられた

M君パパ、キレ過ぎて顔が真っ赤だったそうです。



この話を永遠と愚痴るM君。
夜の20:00頃から始まり、電話を切ったのは深夜の1:00。
あと2週間はロングスリーパーになる予定やったのに??昨日のブログ→
しかも、喉が痛くて鼻水が止まらない。完全に風邪です。
こんな時に限って話が長い。
Oh, yeah. You’re right.
Yeah, yeah, yeah.
You’re right. Right.
Yeah, you’re right.
と、とりあえずYou are right.を連発。同情しているふりして半分夢の中にいました
もう子供ではないし、自分がしたいことをすればいい。こうした方がいいとアドバイスはしますが、その後どうするかは自分次第。
最後に、
CAになりたいなら、面接に行ったら?自分で決めたことは、最後まで貫き通しな。

と言って切りました。
M君パパの事を考えると、自分のアドバイスが適切だったか少し複雑です。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂ければ嬉しいです。

PR







コメントは受け付けていません。