鳴かぬなら鳴かせてみせようサービス業

PR







「サービス業」の超簡単な活用法

マツキヨ首位陥落後にも波乱!ドラッグストア業界は5社戦国時代へ

積極的なM&Aが功を奏し、22年にわたりドラッグストア業界の首位に君臨していた「マツモトキヨシ」を打ち破った「ウエルシアHD」。しかし、その「天下」も長くは続かず、あっという間に首位の座を奪ったのが「ツルハドラッグ」でした。

今回の無料メルマガ『』では、著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、ドラッグストア戦国時代とも言われる現状を、ツルハHDの軌跡を辿りつつ詳しく分析しています。ドラッグストア大手のツルハホールディングス(HD)は、同業の杏林堂薬局の親会社である杏林堂グループ・ホールディングスの株式を9月下旬に51%取得すると発表しました。業界の勢力争いが激しさを増しています。

ツルハHDの2016年度の売上高は5,770億円です。杏林堂薬局は894億円のため、子会社化が実現すると合計売上高は6,665億円になります。そうなると、イオン系のウエルシアホールディングス(HD)の6,231億円を抜いて売上高で業界首位に躍り出ます。

首位争いが激しさを増しています。マツモトキヨシホールディングス(HD)がドラッグストア業界で22年間にわたり1位を誇っていました。

16年度の売上高は5,351億円です。マツキヨHDの地位は安泰かと思われていましたが、ウエルシアHDがM&A(企業の合併・買収)などで一気に規模を拡大し、首位の座を陥落させたのです。

こうしてウエルシアHDが首位の座を奪取しました。しかし、その座は長く続かないことになりました。ツルハHDが間も無くして陥落させる形です。

業界首位の座を巡り、ツルハHDとウエルシアHD、マツキヨHDが三つ巴の争いを繰り広げています。さらに、4位と5位も僅差でつけている状況で、虎視眈々と首位の座を狙っています。

関東地方に地盤を持つサンドラッグが5,283億円で4位につけ、わずか70億円弱の差でマツキヨHDを追っています。5位は九州地方に地盤を持つコスモス薬品で5,027億円となっています。

サービス業を知りたいのです

いやぁ~~

すっかりブログも

ご無沙汰してしまいました。

すいません

ここ数日の間にPCが壊れ

本業がサービス業の私は

朝から晩まで働きづくめで

へとへとなり

記憶というものがありません

でも、

こうやってPCに向かうことができるって

ことは元気だということで

ありがたい

8月15日は終戦記念日

敗戦記念日でなく

戦いを終わりにした日とした日本は

その日を境に不戦を世界に宣告した国でもあります。

私のおじさん(父の兄)は

特攻隊でフィリピンで戦死しています。

墓誌を見ると昭和19年戦死となっているので

終戦の時には既に戦死していたことになります。

写真でしか見たことないけど

とても優秀な人だったらしく

あちこちから養子の申し出があったそうですが

おじいちゃんは一人っ子だったので

養子に出すことはしなかったそうです。

数年前、おじさんの鎮魂を兼ね

靖国神社へ姪と

お参りに行きました。

おじさんはどんな気持ちでフィリピンにいたのだろうと思うと涙があふれてきました。

先人の尊い命の犠牲の上で今の平和があると

はっきりと認識できました。

戦争って勝っても負けても悲惨なのだなと

ただ、日本は負けても

これだけの短い期間で高度成長を遂げたのは

戦争に負けたからなのだろうし

負けるが勝ち(価値)を世界に示した国でもあると

いうことを世界に示した国でもあるということになる。

戦後、今まで平和であったことが奇跡に近い。

その平和である奇跡を継続していくことが

日本が世界に発信していく使命があるのだと思う。

東洋の叡智と知恵を世界に広め

世界を平和に導いて行く。

お盆前にお墓掃除に行ったら

父カエルがちゃんといた

弟家族が迎えに行ったときも

ちゃんといたそうだ。

間違いなく

父は私たちにわかるように

いつもメッセージをくれて見守ってくれている。

私に何ができるのか

50過ぎた

ただのおばちゃんに

世界平和に繋がることが

できるか摩訶不思議なんだけど

流れでそうなってきているから

とりあえず

「氣」に乗っておくことが大事

PR







コメントは受け付けていません。