世界最低のサービス業

PR







サービス業を楽天ショップで探してる方へ、TVなどでも話題騒然今が旬の商品です

スポーツジムというのは、
一週間に数度は通う場所で、
考えてみれば・・・
結構な時間を過ごしている。

現在、ボクが通っているのは、
「あすウェル青葉台」という

フィットネス&スパが売りのジムで、
新規オープンする以前に
会員登録をしたこともあり、
7年近く通っていることになる。

お風呂が比較的充実しているので、
結構気に入っているのだ。

数年前から、レンタルタオルの
サービスが始まったので、
利便性を考えて利用している。

荷物が少しでも少ない方が楽だし、
洗濯する手間も省けるし・・・。

以前は、セルフサービスで、
各自がタオルを持っていけたのだが、
利用料金を支払わずにタオルを
持っていってしまう人がいたらしく、
スタッフから手渡しする仕組みに変わった。

時に、スタッフが席を外していて、
なかなかタオルを受け取れないという
利用者にとっては微妙な改悪。

不便だけど仕方ないと従っていた。

ボクはスポーツドリンクを
ロビー奥の自動販売機で購入してから、
タオルを受け取っていたのだが、
1年以上過ぎた、ある日、
突然、受付の男性スタッフから
強い口調で怒られたのだ!

入館時にタオルを手渡すという
規則になっているという。

ドリンクを買っていただけなので、
入館してから時間が

それほど経っているわけではない。
「入館時」というのは、
入館した瞬間って話なの?

そこにサブマネージャーを名乗る
女性スタッフが登場したのだけど、
これがトンデモナイ人だったのだ。

彼女曰く・・・入館時に

メンバーカードをスキャンする
受付カウンターの真下に、
会員情報確認するための
パソコン画面があるので、
そこで顔チェックする必要が
あるとのこと。

レンタルタオルの契約の有無は、
パソコンの画面を
ちょっとスクロールすれば、
確認できること。

多少時間がかかっても良いので、
自分の好きなタイミングで、
タオルを受け取りたい・・・と、
フェアな妥協点を伝えてみた。

しかし契約規定に書かれていると、
彼女は頑なに主張を曲げず、
「規則を理解できないならば、
ジムを退会するのも選択肢」と
脅しのようなことを言い出す始末。
レンタルタオルの受け取り方法から、
退会するか否かに飛躍する論点は、
理解不能なだけでなく、
利用者へ喧嘩を売っているようなもの。

これ以上話しても埒がないので、
「はい分かりました」と話をやめ、
それからは彼女に言われたとおり、
「入館時」にメンバーカードを
スキャンした直後、すぐに
入り口カウンターで
タオルを受け取るようにした。

その後、つい一昨日まで、
何事も問題なくタオルを
受け取っていたのだが・・・

今日になって、突然、
受付スタッフに再び叱られたのだ!
(前回と同じ男性スタッフ?)

カードをスキャンした直後ではなく、
入り口からひと回りした

逆側のカウンターにタオルを
取りに来いということらしい。

半年前に、不愉快な思いをしながら、
受け入れた規則に従っていたのに、
再び間違っているというのだから、
なんとも釈然としない。

運営のオペレーションで
決まっていることなので…と

不屈な笑みを浮かべながら、
一辺倒の男性スタッフ。

すると再び、
あの女性サブマネージャーが登場。

入り口奥のデスクに誘導される。

この半年間のあいだ
彼女が受付にいたこともあり、
何度も入り口のカウンターで
タオルを受け取っている。

その時はスルーしていたくせに、
今日になって何故ダメなのか?

ある日、突然、
「規則だから」という理屈で、
一方的に強要してくるのは、
前回とまったく同じパターン。

「常識的に考えて・・・
他の入館者の邪魔になる」
という言い草からして、
ボクが常識はずれみたい。

レンタル利用者を確認する
パソコン画面の位置まで説明して、
「入館時」の受け取りに
こだわっていたのは彼女なのに。

今回、彼女が規則として

主張しているのは、
入館時にメンバーカードを
スキャンしたら即座に、
カウンターをグルっとひと回りして、
タオルを受け取れということらしい。

カウンターの中にいるスタッフは、
体の向きを変える”だけ”のことだが、
入り口周辺に太い柱があるために、
利用者は大きく迂回しなければならない。

何らかの不都合が発生したために、
規則を変更することは構わないが、

「案内する」のではなく、
いきなり規則違反だと責められるのは、
いかがなものか?
なんだかんだで
運営の決める規則は、
利用者にとっては、
面倒なだけの改悪なのだ。
それでも規則を守れないなら、
「退会してもらって結構」という
太々しい強気の態度には、
ただただ驚いてしまう。

近年、クレーム処理や
カスタマーサービスに敏感な
会社が増えてきているのに、
これほどまで、客の神経を
逆なでするような対応を、
当たり前に行なえるのは、
彼女自身の判断ではなく、
運営会社が独特なのではないか?

調べてみたところ、
「ハイパーフィットネス」という
会社が運営しているらしい。

運営委託の「ハイパーフィットネス」が
新百合ケ丘に一店舗。

共同運営方式の「ココカラ」が

本厚木、港南台、辻堂に、三店舗。

ボクが通う「あすウェル」は、
直営方式で運営されていて、

他に中央林間店があるようだ。

ジムのクチコミ情報というのは、
ネットにそれほど多いわけではない。

嫌がらせや誹謗中傷の問題もあり、
否定的なクチコミというのは、
掲載しない主義のサイトが殆どなのだ。
また、評判を聞きまわってみても、
ただ愚痴を共感するだけのこと。
そこで・・・普段一切見ない
某掲示板をチェックみたところ、
ある、ある、ある。

会員を募ってビジネスをする
「客商売」とは到底思えない
運営会社の実態が見えてきた。

一部を引用してみよう。

*****************

カキコミ・その1

凄いの見てしまいました。
さっき、ロビーで店長だと言う人が
会員に明日から来てもらっては困る。
今日で退会してもらう。
明日来てもカードは
受け付けないようにする

一方的に言っていました。 
こんなことってありなの?
どうもその訳はストレッチコーナーで、
話をしていたということらしい。
2月分の会費もいらない!
と言っていましたがここって後払い?。
私も仲の良い人と話はしないように
気をつけないと・・・
どうもモニターで監視していると
言っていたけど
そんなこともしているのですね。 
あ~こわ

*****************

カキコミ・その2

ひどいよ。
特に社長。
昨日会員からある事件の話しを聞いたが
サービス業の人とは思えないよ。
会員を客以前に人とはみてないね。
ある会員が改善して欲しいことを
直接伝えたらその日に退会になったって。
株主でもないのに
何で会員の話しを聞かないといけないんだ!
とも言われたそうです。
こんな会社にお金を払いたくないので
明日辞めます。 

青葉台というよりこの会社の経営が嫌い。 

*****************

カキコミ・その3

改善点伝えると
強制退会させられるらしいぞ
ここの糞クラブは。
気にいらない会員は強制的にやめさせて
チラシで新規会員どんどん募ってる。
会員のことゴミとしか思ってないぞ
ここはほんとに。
会員の皆さん気をつけて。

*****************

カキコミ・その4

ご意見箱に絶対に名前と会員番号は書くな!
直接言ったらもうアウト。
形だけのご意見箱。
うるさい会員と目をつけられて
強制退会対象者になるぞ。

*****************

なるほど、なるほど・・・
匿名のカキコミということを
差し引いて考慮したしても、
ボクが退会を促されたのは、
運営会社の方針の可能性はある。
それにしても、
意図的(?)に客を追い詰めて、
退会させるのも仕事のうちとは、
なんと嫌な仕事なんだろう。
目の前にいる人を苛立たせて、
平然としていられる面の皮の厚さも、
ある意味、職業病かもしれない。
だって・・・普通の人間には
耐えられないような空気も
不快にも感じられないって、
基本的に人間が備えてる
コミュニケーション能力の
欠落でもあるのだから。
そもそも、社長からして、
サービス業とは思えない考え方の
持ち主だとしたら、
現場のスタッフが横暴なのも、
納得できるところがある。
とんでもない”スポーツジム”に
通っていたことが判明し、
そんな運営会社に
会費を支払い続けるのも、
癪な気もするのだが、
スパ施設には満足しているし、
利用料金もリーズナブルなので、
今ところ退会するには至ってない。
(一方的に退会させられるかも?)
とりあえず、不快な思いは
もうしたくないので、
レンタルタオルの利用は、
今月で辞めることにはした。
“おもてなし”に象徴される
日本人のカスタマーサービスは、
もはや、海外(欧米?)向けの
ステレオタイプでしかないだろうか?
**********

ブログのランキングに参加中。
クリックで投票して頂けます。

俺とお前とサービス業

昨日の記事のについての色々な反響とかコメントをありがとうございます。②についてもこの下半期の原稿が終わってちょっとしたら書きたいのですが、そして他の星座もちゃんとフォローするんですけど、コメント欄を色々見て笑ってしまったのです。

というのは、蠍座が詮索してきたり、こっちのテリトリーに入ってこようとしてきてしつこいというコメントっていくつかあったでしょう。

で、僕の立場としてはこういうコメントももちろん歓迎したいです。もちろん悪意しかなくて、他人を攻撃するだけのコメントはNGだけれども、僕も自分の星座とかについて書いて「いや、こういうところすごく面倒くさいですよね」って言われるとすごく助かります。だって、自分の面倒くささって、自分自身においては「そんなに面倒くさいかな」って自己評価ではそんなに感じていないんですよ。

で、もちろん蠍座だけではなくて、12星座それぞれに超面倒くさいところってあると思うし、それってやっぱり各個人の成熟度によって差が出ます。

で、蠍座のコメントを見て興味深かった、蠍座特有の面倒くささって、僕の表現で言わせてもらうと

保護者になっちゃうんですよね。蠍座って。

だからほら、蠍座に対して「正直ごめんなさい。苦手です」とコメントをくださった方たちってどこか「自分のことは自分でやるから放っておいてよ」という思春期で、親元から離れて独立しようとしている人の匂いってちょっとしませんか?

だから、逆から見ると、蠍座の人って「傷ついた人」とか「社会に出て自分なりの孤独を抱えて、多少は甘やかしてくれる人とか、自分を多少は特別扱いしてくれる人」とはベストマッチをします。その反面、「いやあ、ちょっと放っておいて欲しいな」って思う人とは距離の保ち方が必要。

蠍座の人って、田舎にいるお母ちゃんみたいなところがあるから、娘とか息子が疲れて帰ってきたら地元でとれたお料理のフルコースを用意して待っていてあげたい。フルコースを用意した後には厳しい部分もあるから急に崖から突き落として「自分の力で這い上がってこい」とかそういう無茶ぶりもします。蠍座と射手座ってそういう「異様に突き放して厳しいところ」ってあるんですよね。なんですかね。これはまた違うところで書きますね。

激甘と激辛って蠍座にはあります。射手座だとここに激ツンデレが入ります。虎がデレデレしてくるような印象。

だから逆に、蠍座が突き放した時は、情に訴えても全然配慮してくれないと思ってください。「その人が大人になられる人なのかどうか」を試してみてくるからです。つまり崖から突き落として「自分の力で生きてみなさい」って本当にやってきます。これは愛情とか気持ちじゃなくて、なんか蠍座が親密な人にそういう「崖落としチャレンジ」をやる時って、親代わりになってやっていることありますね。昔の昭和のお父さんが「自分に自信がつくまで帰ってくるな」ってやるような感覚。

話戻して、だから、サービス業とかやっている蠍座の人って完璧なサービスをしたりします。相手がお腹いっぱい、それ以上になるまでのサービス(=愛)をやりきったときにはじめて「よし、寝よう」って一日に対してエンジンが切られるから。

蠍座って前にもどこかに書いたように「自分だけの幸せ」なんてあんまり興味がないんです。自分と関わる人たちがお腹いっぱいに幸せとか満足感を持って欲しいという愛情の気持ちがあるから、その加減がわからなくなって自滅しちゃったり、挫折したり、不安定になったりすることはもちろんありますよ。

だから、そういう蠍座に対して「ちょっとなぁ。大きな声では言えないけどやり過ぎなんだよなぁ」と思った方は、正直に「思春期の娘(or 息子)」を演じてみてください。お母さん部屋に入ってこないで! って。

あ、人間関係において演技って必要ですよ。自分ではわかることが、相手にとってみたら全然察知できないことって本当にお互いにあることだから。

具体的には「ちょっとくどいな」とか「ちょっと距離感近すぎるよなぁ」と思った蠍座に対しては、ちょっとわざとらしく本人にわかるようにイライラして欲しいです。「あれさ!(←多少大声) いや、ごめんね。それは私の問題だから気持ちだけで大丈夫だよ」とか

「今日は友だちと外でご飯を食べてくるって言っているのにフルコースで晩御飯を用意しちゃう母親」

に対して接するかのような感覚で。でも、その後「ごめんね。あの日は色々重なっててイライラしてたの」って後日蠍座に言ってあげると助かります。それで距離感を徐々に感じていってくれるはずだから。相手に喜んでもらいたいと思ってサプライズでやり過ぎてしまう欠点って蠍座にはあって

「相手のために何かをやろう」と思うと、もうそこにしか集中が向かなくなったりします。

あとですね、蠍座は「この人はどの程度毒を持っているのか」って探りも入れてきますよ。だから、その「あ、察しようとしてきているな」と思ったら他人の悪口は言わないで、ちょっと毒舌をぶちかますとそれで良い距離もできます。仮面の裏側にある本音が見えないと、蠍座ってソワソワしちゃうから。本音を全部ぶちかまして欲しいというところがあるんですよ。でも、他の星座の人にとってみたら「自分のことは自分で。全部をそこまで関係性が浅い人に言うなんて考えられない」という人ももちろんいるわけで。

でも、蠍座の良いところって「本気の注入」があるところなのです。

蠍座と向き合う人って、その本気と愛情の深さについて「この人はここまでやってくれるなんてすごいな」って、その人自身が相手を信頼して全部を出す勢いでやらないと引き出されないものです。

僕はその蠍座の不器用さ好きです。だから、愛を続けてください。そしていつもありがとうございます。

PR







コメントは受け付けていません。