サービス業のネットショップ・通販最大級の品揃え、イベントやプレゼント・特価情報などもあります

PR







サービス業がこんなに安くてごめんなさい

こんにちは

HECハイエンドコミュニケーション

高野睦子です

東京はここのところ青空がないですね

こんな夏、珍しい?

暑すぎず、涼しくて過ごしやすいけど・・・

ひまわり、セミの暑苦しいくらいの鳴き声、

青空・・・・・

やっぱり恋しいですね

そういや東京ではお花屋さん以外

ひまわりを殆ど見ない・・・

今年は夏のイベントもほぼすることなく、

夏休みも実家に帰らなかったので

「夏」という感じがしない(笑)

ここ最近、

今まで関わった生徒さんからメールを頂くことが

多くって、なんだかすごく満たされた気持ちになります

その後の変化、

気持ちの変化、

そして、講座で一緒になったメンバーとの交流。

睦子さん、お元気ですか?先日〇〇さんに会いました。
素敵なご縁をありがとうございます。
 もちろん睦子さんのお話にもなり、
あんな素敵な方ばかりのセミナーは初めてでしたねと二人で盛り上がりました。 やっぱり睦子さんの魅力ですねと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
睦子さん、おげんきですか?
あの後、自分に向き合い、睦子さんに教わったこと日々意識して
過ごしています。
自分の変化がすごくうれしいです。
睦子さんに頂いた言葉が本当に嬉しくて私の未来は

まだまだこれからだなってワクワクしてきました!

これからも報告させてください!

 

私は人とのご縁をとても

大切にいままで生きてきました。

一度関わった生徒さんや

クライアントさんはやっぱり

気になりますし、とても大切に思っています。

こうやって感謝を言って頂きますが

私の方こそこういうメール頂いたり、

人生に関わることが出来た

ご縁をとても嬉しく思い本当に

幸せを貰っているので

感謝の気持ちでいっぱいです。

やっぱり人と人。

心ですよね。

大好きな生徒さんは私の一生の宝もの。

私の生徒さんの特徴は

本当に心がきれいな人が多い。

純粋で、真っ直ぐで、損得じゃなく

人に幸せを与えられる人。

器用に世の中を渡り歩いている人よりも

私はそんなひとにとても魅力を感じますし

応援したくなる。

そういう人にこそ、ちょっとした人生のコツを

お伝えしていきたいし、もっともっと

人生を輝かせて欲しい。

 受付中MENU

1.5時間の個別マンツーマン講座8月&9月受付中
  元JAL CAが教える
  「マナーも立ち居振る舞いも身に付けて 
    選ばれる私になる」プライベートレッスン
  元Tiffany 日本代表が教える営業術 プライベートコンサル
  長期的な経営基盤を作りお客様に
    愛され必要とされる為のブランディングコミュニケーション

     プライベートコンサル

   

満席となりました。
次回の募集をお待ちくださいませ。

現在、サロンやサービス業など

事業をされている方の社員教育の

ご相談のみ承っております。

忙しくて社員教育まで手が回らない、

自分は、経営に集中し生産性を上げていきたいという

方、顧客ターゲットを上げていくために

人材教育をしていきたいという方、

まずはご相談くださいませ。

人を惹き付ける、選ばれるための文章力UP 個別3ヶ月講座

 文章でも人柄や、人間力、マナーは見て取れます。
 人を惹き付けるブログや、ビジネスメールの3ヶ月コースです

高野睦子 公式無料メールマガジン
 「こっそり差をつけて選ばれる`私`に出逢うメールマガジン」

HECオフィシャルページ

 

ビジネスお役立ちコラムは

/ / /

 

  

大学に入ってからサービス業デビューした奴ほどウザい奴はいない

本日は、朝10時からシルクホースクラブの通常募集がネット上のみで開始されたのだが、

大方の会員が予想していた通り、全然HPにログインができずに、長時間HPが開かなかった。

 

そもそも。。昔ほどではないが、8/15はお盆であり、日本人にとっては特別な日でもある。

帰省をされていたり、旅行に行かれたりしていた方も多いだろうし、筆者のように平日で通常通りに

働いていた方も多かったのでは、と思っている。

このような日の朝に「通常申込のスタート」を設定して、パソコン、スマホの前でお客様をイライラさせる

そのズレている感覚が、サービス業としてよく理解できないのである。

 

ほぼ全ての会員が、「そうなるのでは」と事前に危惧をしていたことであり、クラブの社長や従業員の

方も、ポチする側の状況を頭に思い浮かべれば、容易に想像ができたと思う。

以前も、マイネナデシコの募集の時に、月曜日の朝からバタバタしていた。前例もあったのだ。

それなのに、本日また準備もせずに同じ事態を引き起こし、ラウンジの休業日に重ねて留守電の対応を

している事が、「顧客を全然大事にしていない」と非難されても、仕方がないのではないだろうか。

 

筆者も知っているが、社長や従業員の方が、お人柄が悪いとかを申し上げている訳では全くない。

 

但、どの仕事でもそうだが、「お客さん」は相手方からの成果物の中身とか、受けている待遇などでしか

評価をしないのである。従業員の努力振りは、成果に満足してもらってから、始めて加点の対象となる。

例えば、社長が「徹夜で考えて既存会員1日優先の仕組みを導入しました」などと言っても、お客側が

感じているのは、「色々あっても申込に臨んだのに、サーバーがつながらないイライラ感」だけである。

 

次回からは、例えばサンデーRの1.5次募集のように、土曜日の朝にすると宜しいのではないだ
ろうか。

そして、システムの対応等については、今後の目指していく方向性の中で制度も変えていくのであれば、

それに応じた顧客満足度が図れるものに、考えてバージョンアップを是非して欲しいと願っている。

 

 

これは「顧客からの視点が足らないのでは」という一例なのだが、もう一つ個人的にコメントしておきたい。

 

たまに募集馬検討会などで「サロミナの16は、セールに出れば1億円は下りませんよ」とか、牧場から、

セリよりも安い価格で入れてもらったことを、得意そうに言われることがある。「なぜ、買わない」的に。

 

 

確かに、セリに出ればもっと高かっただろう。買う方は市場の過熱感から、その現実がありそうなのは

既に十分理解している。但し、買い手側としては、本当はその馬が重賞やG1で活躍した時に始めて、

安く馬を入れて感動を与えてくれたノーザンFや、クラブの頑張りに対し深く感謝するのである。

 

自社グループで生産、訓練した競走馬が商品として素晴らしいのは、日本中の誰しもが認めているが、

シルクでは3歳の未勝利戦で、ディープ産駒4騎や、セレクト5.8億円で売れた母馬のフランケル姉が

まだ走っている。シルクのクラブ内に限っては、その高いレベルでの本当の凄さが実感できていない。

「他で売ったらいくら」「実績制だから買わないとチャンスが減る」ではなく、そろそろバンバンと走らせて、

キャロットのようにこぞって会員が全馬を買うような、Win-Winの状態を目指して欲しい。

 

(写真は、最強レベルの皐月賞4着だった、現在故障中のブライトエンブレム)

 

PR







コメントは受け付けていません。