報道されなかった模索

PR







模索批判の底の浅さについて

質問
愛する和尚
私は、けっして社会と
折り合いがついたことがありません。
そして、良心がとがめるのですが。

osho
それでよろしい! 
悪いところは何もない。
どうやって社会と折り合いをつける?
社会は病んでいるのだ! 

病んだ人間が折り合いをつけるか、
または、狡滑な人間、役者が
折り合いをつけるかのどちらかだ。

あなたは社会と同じように
病んでいなければならない。
そうすれば、うまく納まる。
あなたは社会と同じように愚鈍、
同じように愚か、
同じように金と権力に
狂っていなければならない。
そうすれば、うまく納まる。
あなたは社会と同じように
気が狂っていなければならない。
そのときは問題ない。
そのときは適合できる。

さもなければ、役者になるほか、
ただ自分が適合しているふりをするだけだ。
私は演技をしなさいとは言わない。
私は、単にそれが社会に適合するための
ふたつの方法だと言っている。

そしてふたつともが無意味だ。
そんな必要はない。
社会と適合する必要などない。
むしろ、より深い適合を模索し始めるべきだ。

自分自身と折り合いをつけることだ。

そうすれば、誰が気にする?
自分自身と折り合いがついているならば、
あなたにはどうでもよいではないか。

そうすればあなたは避けることができる。
100のうち99は、
それだけで避けることができる。
適合する云々の必要もない。
あなたはただそれを迂回する。
そこを通過する必要はない。
もし通過しないのであれば、
適合する云々の問題も生じない。
人は迂回することができる。
実際サニヤスとは、
多くのことを迂回することにほかならない。

あなたがそのクラブに適合しなければ、
そこから抜けれるがいい。
そこのメンバーにならないことだ。
メンバーになる必要はない。
人々と折り合いがつかなければ、
それほど多くの人々と会わないことだ。
自分とよく合う、
小さなグループと会うがいい。

小さなオアシスを創りなさい。
それこそ、私がここでやっていることだ。
私は社会に適合できない。
だから、私は自分自身の社会を創造する。
他に私に何ができる?(笑)

だから、自分自身の
小さな社会を創造するがいい。
あなたを理解する何人かの友人たち、
そしてあなたが理解し、
ともに進むことのできる友人たち。
それがただひとつの方法だ。

ひとつ、こんな話がある。
ある娼婦がソクラテスのところにやって来た。
その娼婦は非常に理性には溢れていた。
そして、次第にソクラテスの教えに
傾倒するようになった。
彼女がやってきた時、ソクラテスはほんの数人、
12人ほどの友人と共に座っていた。
娼婦は言った。
「たった12人ほどしか来ないんです?
 いつか、私のところに来てください。
 そこには、いつも列ができていますよ!
 アテネ全体が私に夢中なんです。
 ところがあなたは・・・・
 たったの12人なのですか?」
ソクラテスは彼女に目を向けて言った。
「その通りだ。
 なぜなら、あなたは
 すべての人が求めているを提供するからだ。
 私は人が非常に稀に求めるものを提供する。
 だから、私には
 ほんの数人の友がいるだけだが、
 あなたには多くの友人がいるのだ。」
娼婦はそれについて思案し、
ソクラテスに一礼して言った。
「私もあなたの友人の1人として
 受け容れてください。」

だから、社会に適合できなければ、
小さなオアシスを創るがいい。
すべての時代を通してそれが行われてきた。
すべての社会に適合できない人々は、
彼らが存在できる自分自身の
小さなグループを形成してきた。
そこで、彼らは調和を見いだすことができた。

今、あなたはサニヤシンだ。
あと何人かの人々が、
サニヤシンになるのを助けるがいい。
そして、小さなグループを形成するがいい。
ともに瞑想し、ともにダンスし、
ともに語らい、耳を傾け、
読み、研究し、議論し、
そして、社会への適合については忘れることだ。

あなたはまったく病んでいない。

これからは、私があなたの知性を

健全な方向に変容してゆこう。

心配する ことはない・・・

ん?よろしい!

覚えておくと便利な模索のウラワザ40選!

読む前に、応援クリックをぜひお願いいたします!→

お盆ですね。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は実家に帰省しています。

婚活を始めてからというもの…

私は、実家の両親の結婚生活ってどうなんだろう??と、

ある種これまでとは違った視点から見るようになりました。

帰省中に、私と両親の3人で外食する機会がありました。

3人で何を食べようか決めることに…

母親は、「うどんかな」と言いました。

対して父親は…不満そうでした。

私の知る限りですが、

男性って、こってりしたものが好きっていう人が多いように思います。

代表その1 ラーメン

代表その2 焼肉

はい、家の父親も、上記2つは好きのようです。

そして女性は、ヘルシーなものや、

あっさりしたものを好む人が、

どちらかというと多いのかと思います。

そういえば、実家で私も暮らしていたころですが、

母親が夕飯に、あっさりメニューの食事を出すと、

父親は物足りなさそうにしていたり、

好みでないと食べなかったり、

機嫌が悪くて怒っていたりしていました 笑

それに対しての仕返しか?!、

母親は外食に行く際に、

父親に、ラーメンや焼肉に行くのは嫌!と、

文句を言い、自分の好きなお店に結局行くことにするという!

…この攻防戦?!が帰省中もあったわけです…

うちの両親は?平和的な解決方法の模索はしないようです…

私なら、交替でどちらかの好きなお店に行くか、

どっちも食べたいものがあるようなお店に行くか、

くらいかな?と思いました。

うちの両親は…、

これはこれで結婚生活はずっと続いているので、

食の好みは違っても、どうにかやっていけるのだなと、

思いなおしました 笑

世の中、家族の食の好みが違っても、

あまり見えない部分ですが、

みなさん何とかしているし、

なんとかなるものなのかな…と。

それでこの日は結局、

適当に通りがかったらラーメン屋さんに入ったのですが…

うどんも用意してあるお店でした!

無事?!こってりにもさっぱりにも、対応できたのでした!

更新のモチベーションになるので、ポチッとよろしくお願いします!

↓↓↓

ブログランキングクリック、いいねクリック、読者登録、

とてもとても嬉しく思っております、いつも本当にありがとうございます★

8月13日のアメーバトピックスに、記事を掲載していただきました♪

運営局のみなさま、いつも24時間お疲れ様です、感謝しております!!

コメントについてですが、私の時間の都合で、

ブログ記事の執筆に力を入れたいため、

お返事が難しい状況です。

恐れ入りますがご了承の上、書き込みいただけると幸いです。

(コメントは承認なしで公開されます。)

大変励みになり、貴重なご意見として運営の参考にしております。

なお、あきらかな宣伝目的の書き込みは削除いたしますので、よろしくお願いします。

コメントをいただきました、さま、さま、さま、さま、さま、さま、さま、さま、どうもありがとうございます!!いつもコメントくださる皆さま、大感謝です!

現在の彼とお付き合いするまでの話は別のサイトで書いていました。

順次修正、公開をしています。→

PR







コメントは受け付けていません。