22世紀のJustin

PR







Justinランキング通販

●チャイナ「音悦台第五回Vchart Awards 2017

★最優秀男性歌手賞・・・赤西仁 
★最優秀人気賞

・日本・・赤西仁 

・韓国・・キムジェジュン

・アメリカ・・ジャスティン・ビーバー

・中国・・・・・レイ(EXO)

The 5th Vchart Awards 2017!
I’m honored to receive these 2 awards for "BEST MALE ARTIST" as well as "MOST POPULAR ARTIST(JAPAN)"
Wish I could celebrate with you all!
It truly is a pleasure! Love.
チャイナの第五回Vchart Awards 2017で二つも賞貰いました。
"最優秀男性歌手賞"and"日本最優秀人気賞"!ごちそうさまでした。

ファンのみんなおめでとう!
Jin Akanishi
Justin Bieber Zhang Yi Xing (EXO)
Kim Jae Joong (JYJ)

ワシはJustinの王様になるんや!

カナダ建国150記念のTrudeau首相演説が素晴らしい。 https://www.youtube.com/watch?v=hhBBHDQzsZs ぜひ多くに人に聞いてほしい。  首相の言葉すべてに賛同、というわけではない。  例えば、私はドイツ連邦共和国の 故Johennes Rau元連邦大統領が言うように “Stolz ist man auf das, was man selber zu Wege gebracht hat.” (http://www.spiegel.de/politik/deutschland/nationalstolz-debatte-rau-wehrt-sich-a-123421.html)という立場であるから、首相演説最後の “Be proud of our country !” には、若干の違和感を覚える。  しかしながら、 〇先住民族に敬意と配慮を払っているところ、 〇出自に関係なく我々は皆カナダ人なのだ、というメッセージを明確に打ち出しているところ、 〇単に《我々の歴史は素晴らしい》と過去を持ち上げるだけでなく、私たちは今日また生まれつつあり、また明日もそうだ、との旨を述べ、いわば《伝統を受け継ぐのみならず、それを自ら創造してゆくのだ》という精神を鼓舞しようとしているところ、 〇カナダ一国に視野を狭めずに世界に目を向け、地球温暖化への対応を呼びかけているところ ―― これらには、感動した。

ちなみに、演説途中で列挙されている州・準州からAlbertaが抜け落ちてしまっていて、もちろん、メディアにもそのことは取り上げられている https://www.google.co.jp/search?q=canada+day+trudeau+alberta&source=lnt&tbs=cdr%3A1%2Ccd_min%3A7%2F1%2F2017%2Ccd_max%3A&tbm=  / http://globalnews.ca/news/3570266/justin-trudeau-canada-day-150-alberta/ のだけれども、カナダ国民の受け止めはかなり冷静( https://twitter.com/JustinTrudeau/status/881198688361730048 )。 Albertaごめんなさいツイートへの「いいね」は、日本時刻2017.07.03. 23:00 時点で 14万超。  それに対して、首相を非難する返信は、それほど支持を得ていない。  Trudeau首相のLiberal Party of Canadaは、Conservative Party of Canada と New Democratic Party の中間に位置するリベラル政党( https://de.wikipedia.org/wiki/Liberale_Partei_Kanadas / https://en.wikipedia.org/wiki/Liberal_Party_of_Canada )。  こういう立ち位置の政治家の失言に対しては、日本でならば、政敵が、特にConservative あるいはNational、(Ultra) Rightなポジションの政敵が、集中砲火を浴びせてくるだろう。  けれども、カナダでは、そうではないようだ。

もちろん、万が一にでも呼びかけ忘れがあったらイカン部分であるわけで(不幸なことに、その万が一が起こってしまったわけだが)少なくともここだけは原稿に目を通しながら話すべきだったのではないか ―― そう思わなくもない。  が、逆に言うと原稿・プロンプターに頼らずに、17分間にわたってこれだけ格調の高い演説をしているわけで、そこはやはり素晴らしい。  私たち 日本の有権者も賢くなり、こういう政治家を選ぶようにならなければ…。

PR







コメントは受け付けていません。