暇人のお取り寄せ通販情報を紹介、通販でないとピンときにくい、そう思いませんか?

PR




もはや博愛主義では暇人を説明しきれない

こんにちは。
ぼんとしです。

今日もお寄りいただき、
ありがとうございます。

今日は、

「話し上手の面白い人」になる、
たった一つのコツ

についてお話します。

このやり方でコミュニケーションを
行えば、

話し方の勉強は一切不要です。

仲間づくりのための
数多くの心理学的スキルの習得や

相手を飽きさせないための
多くの時事ネタの仕入れなど、

気が遠くなるような努力をせずに、

あっという間に
話し上手の面白い人になります。
すると当然、あなたの周りには、

自分の好きな人、
気の許せる仲間が集まりだし、

年末の人が恋しい時間帯に
一人DVD鑑賞で寂しい思いをしたり、

担当していた仕事が上手くいかず、
辛い気持ちを一人で抱え込んで
残業中、空の一点を30分以上も
見つめ続けたりすることなく、

あなたの周りには、
あなたの一生のファンがついて、
いつでも支えてくれて、
心豊かに過ごせるようになります。

あなたが、
心から喜びや辛い気持ちを分かち合える、
本当の仲間と出会うためには、

「話し上手で面白い人」になるスキル
が必要不可欠なんです。

人は一人では生きられません。

あなたがもし、

自分一人で生きて行ける

などと考えていたとしたら、
とても危険です。

注意が必要です。

私たちはあらゆる周りの人から
支えられることで、

やっと生きています。

それは、
鉄道や道路や橋などの
インフラがあればこそ、

電車や車があればこそ、

毎日冒険をせずに会社に通勤できている
ということと一緒です。

人は何がしかの他人の力に、
支えられて生きています。

・・・・・・・・・・・

では、

私たちが簡単に苦労せず、
あっという間に

「話し上手で面白い人」になり、
愛に満たされた豊かな人生を
贈るためのマインドセット

です。

「世の中は『自分の事』で
 溢れている。」

です。

そこで最初に私たちは、

「話し上手で面白い人になるために、
 一体何を話したら良いのか?」

という疑問が湧いてきます。

「興味性の高い話」を
すればよいのでしょうか?

「新鮮なネタ」=ニュース性の高い話
を話せばいいのでしょうか?

あまり知られていない、
「意外な事実」でしょうか?

アメリカで使われる
「最新のマーケティング理論」でしょうか?

即役に立つ、
「画期的なビジネスアイデア」でしょうか?

・・・・・・・・・・

話し上手で面白い人は
あなたの周りにいますか?

彼らは、一体
どんな話をしているでしょうか?

実は、この先、

あまりにも言い古されている言葉なので、
使いたくないのです・・・

これを聞いたとたん、
あらゆる人が、

「なんだ、またそんなことか!
 そんなの誰でも言ってるよ。
 昔からそんなこと知ってるよ!」

と思われてこのページを
閉じてしまうかもしれません。

そう思われても
しょうがないことなのです。

あなたが話し上手で面白い人になる方法は、

ずばり、

ただただ、

「人の話を聞きまくる」

ということなんです。

・・・・・・・・・・

「『話し上手は聞き上手』だろ。
 そんなこと知ってるよ!」

そうじゃないんです!

私がお話しているのは、

「ただただ、人の話を聞きまくる」

ということなんです。

自分が話を切り出す前に、
まず相手の話を聞いて、
自分の印象をよくしたり、

相手に対して興味があるよという姿勢を示して、
相手の受け入れ態勢を作らせたりとか、

NLP的にアイスブレイクでミラーリングを用いて
まず相手とのラポールを築いて・・・

などなど、

そういうことではないんです!!

本当に話し上手の面白い人になりたかったら、

自分のことを全部捨ててください。

私たちには必ず、
相手への自分の印象をよくすることが
念頭にあります。

自分の利益に誘導するために、
心理的なテクニックを学び、
相手の心に入り込もうと努力します。

こんな浅ましい根性を
すべて捨て去るんです。

これをすべて捨て去ることが、
真の面白い人になって、
心豊かに生きてゆくためには必要なんです。

「話し上手の面白い人」とは、
相手にとって、

「自分のために
 「質問」をし続けてくれる人」
です。

ハッキリ言って、こんなものに
テクニックなんてないんです。

とにかく、聞きまくってください。

その方の興味は今、
どこにありますか?

あなたの興味ある話なんか関係ありません。

今あなたの前に座っている人は、
どんな仕事をしていますか?

どんな苦労をしていますか?

辛いことはんですか?

あなたの自慢話などは、
クソほどの価値もありません。

その方は、
先週末どんなことを考えていましたか?

ご家族は仲がいいですか?

運動はしているんですか?

どこに住んでいるんですか?

最近あった友達は誰ですか?

・・・・・・・

あなたの大学時代の同業界人の話は
どっかに置いておいてください。

その方は、
どんなところに出かけますか?

どんな場所が好きですか?

美味しいお店を知っていますか?

どんな実績をお持ちですか?

誇りに思っていることはなんですか?

私に求めているのものはなんですか?

全て出し切ったと思っても、
まだひたすら聴き続けてください。

・・・・・・・・・・

ここで、

「自己主張もないくせに
 相手のことばかり聴いて、

 こちらに価値がない人間だと
 思われるのではないか。」

という疑問や不安が湧いてきます。

私は、

自己主張はすればいいし、
自慢やエゴにつながる話なら捨て去れ

と言っているんです。

そして、冷静になって見つめてください。

「自己主張」と思い込んでいることの
90%以上が自慢話であることを。

そんなものは主張ではないんです。

私たちは
自分のエゴを満たしたいだけなんです。

あなたは、暇人で、愚かで、
相手ほどの存在感がなく、
仕事の実績も趣味もなく、

ひたすら相手の鏡になったかのように、
聞いて聞いて聞きまくるんです。
どうですか?
質問ですが、

あなたはその方に、
実際興味はありますか?

「苦手なタイプの人間とも付き合わな
 くちゃいけ
ないし、誰とでも等しく
 興味をもってなんか付き合えないよ。

 相手だってそこまで求めてないし、
 あんまり立ち入りすぎて、
 怪しいと思われるんじゃないの?」

・・・・・・・

確かに、政治、宗教感など、
会話に適さないことはあります。

信念や価値観など、
違いが出てきて当然です。

しかし、この聞きまくるという行為は、
ちょっとやそっとで出来るもんではありません。

というのは、

気まぐれに人を選んで、
咄嗟にできるものではないのです。

誰にでも同じように接することで
初めて身につく習慣です。

苦手な、気が合わないと思っている
タイプの人にも

どこかしら必ず一箇所くらいは
あなたとの共通項があるはずです。

合わないところを
別に合わせる必要はないんです。

共通の一点があれば十分です。

それのために、聞きまくる、
ということをしてみてください。

「フィギュア集め」は
私の趣味ではありません。

ですが、私は幼い頃、
父に「ウルトラセブン」の
フィギュアを買ってもらったことがあります。

ウルトラセブンは、
私の中の生涯変わらぬヒーローです。

挫けそうになったとき、

諸星ダンが胸ポケットから赤いグラスを
取り出して変身し、力強いヒーローになり
怪獣をやっつけるシーンを思い出します。

フィギュアとは、その
勇気の象徴でした。

必ず、なにか共通項は探し出せます。

人は必ず、
誰かとリンクしたがっています。

それをあなたが、
積極的に探す役になるんです。

世の中は、
自分のことで溢れかえっています・・・

積極的に他人のリンク印に光を当てることの
出来る人なんて誰もいないんです。

人と人とがリンクするには、
「積極的に相手のことを考えられる人」
がいない限り成立しないんです。

世の中の人間関係が希薄なのは、
リンクが成立していないからです。

本当に面白い人がいないからです。

私たちが
話し上手で面白い人になればいい。

どっかの番組でやっている
バラエティー番組のギャグを真似たり、
芸人の話し方を真似てみたり、

鮮度の高いニュースに私見を挟んで
評論してみたり、

普通ではなかなか知り得ない、
先週末あった有名業界人の話をすることが

話し上手で面白い人ではないのです。

自分の話で溢れかえっているこの世の中で、

自分の話を置いておける人、

思わずリンクしたくなる人は、
そうそういるもんではないんです。

このブログを読んだ、
あなたがそういう人間に
なってしまってください。

とにかく、
自分のことはどうでもいいから、
相手のことを聞いて聞いて聞きまくる。

どんなことに喜んでいるんだろう?

どんなことに心が揺れているんだろう?

どのくらい困っているんだろう?

どうして無表情なんだろう??

・・・

当然聞き方はには礼儀があります。

でも仮に、

「あなたはどうして無表情なんですか?」

という言葉自体が、

あなたの心からの言葉であれば、
礼儀なんて関係ないんです。

あなたの周りに
最近元気がない人はいませんか?

困っている人はいませんか?

一人ぼっちになっている人はいませんか?

聞いて聞いて、
聞きまくってください。

自分を全て捨ててください。

聞こうとした瞬間に沸き起こる
躊躇や言い訳も全て捨ててください。

「話し上手は聞き上手」
なんていう慣用句を、
この場で頭の中から捨て去ってください。

「聞いて聞いて、聞きまくる」

ということだけを覚えておいてください。

「人を照らすより、今は自分がつらいよ。
 私が照らされたいよ・・・」

あなたはこんな境遇かもしれません・・

厳しいかもしれませんが、
あえて言います。

それでも、あなたが誰かを
「照らす」という行為をするんです。

「人を照らす」ということ自体が、
心を開くことそのもです。

あなた自身の心が明るくなってきます。

でも、もし打ちひしがれているなら、
ゆっくり休んでください。

急がず、ゆっくり休んでください。

それからでいいんです。

でも絶対に忘れないでください。

あなたには大勢の味方がいます。

感情を分かち合える、
多くの人が、既に周りにいるんです。

今日お話したのは、
それに気づくことができる方法です。

心底気づくことができる方法です。

人の温かさを感じることができる、
本当の世の中の姿を知ることができる、
唯一の方法です。

それでは、

あなたが核となって、
あなたの周りの世界を
明るく照らしてくださることを
私は信じています。

久しぶりの長文となりました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

PS.人前で緊張せずに自然体で
話の面白い人になるレッスンを
無料の音声で身につけるには
こちらをどうぞ!

暇人 幸せづくり研究所

でも、愚痴らせてください…
私、今会社の年末調整の為に、オンデマンドの講座を受けにいってます!!
以前、簿記3級の為に行ってた同じ学校で…
年末調整ね、税理士さんに頼んだら15万するんです…それを浮かせたく、自分でしようと思って、講座うけてるんです…
事務員は私一人だけなんで、会社の電話を、私の携帯に転送して、何かと毎日バタバタするなかで…
今日は、電話が多い…従業員から、年末調整の問い合わせの電話だったり…銀行からだったり…
そしたらね、私が去年簿記で受講してた時にも居た60代ぐらいの、おっさんがね、私に怒鳴ってきたんです…
私も教室で電話に出るようなバカじゃないけどね…教室でて電話してるんですよ…
私はね、オッサンみたいに暇人じゃないねん!オッサンは、朝から夕方まで毎日ずっと教室にいるけど、私はね仕事の合間ぬって、会社の電話を転送してきてるの!って、言い返したかったけど、我慢しました
だから、すみません…ここで、愚痴らせてもらいました…

PR




コメントは受け付けていません。