個人向けカーリース


個人向けカーリース
車のリースは企業のための物でしたが、最近では個人向けのカーリースも人気が出てきました。
一度の高額を支払うのではなく、毎月の支払いだけで済ますことができる点が車のリースのメリットです。
ただ、個人の場合は契約切れ後も車に乗る必要がありますから、リースをメリットと感じるかどうかは新車に乗り続けたいと思うかどうかにかかっています。
リースを設定する時に3年の契約終了後の予想売却額を設定します。
新車代金からその残価を引いた金額に対して月割計算をします。
ローンよりも月々の支払い額は少なくて済むでしょう。
個人向けのカーリースが注目されているのは、税金や諸費用などのメンテナンス費用もリース会社が支払う点です。
あなたが車のリースを考えるなら、契約終了後をどうするか考えておかなければなりません。
そのまま乗り続けるならローンの方が得になるからです。
ただ、3年経つと新しい車種が登場しています。
燃費もさらに良くなっていることでしょう。
古い車を大事に乗るよりも、燃費の良い新しい車の方が地球環境にやさしいと言えるでしょう。
あなたはリースとローンのどちらを選びますか。
リース会社は積極的にリースを勧めています。
それはリース会社にとってメリットがあるからでしょう。
カーリースは単純に3年の契約と言うパターンだけではなく、ローンに近いような構成もできます。
個人毎にリースとローンを組み合わせた形です。
3年後に必要としている車がどのようなものかわからないことも多いでしょう。
若いカップルなら2人乗りで十分ですが、家族が増えると大きな車が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です