車のリースのメリット


車のリースのメリット
車の個人向けリースはローンと比較されることが多いのですが、どちらにメリットがあるのでしょうか。
ずっと乗り続けるならローンがお得です。
それではリースのメリットとはどのような点でしょう。
まず、車と個人の関係を明確にすることが大切です。
つまり、あなたが車に対して持っている考え方です。
新しい車に乗っていたいのか、マイカーを大事に乗り続けるかと言う点です。
ローンを組むと言うことは車を所有することですから、自分のものとして大事に乗り続けるでしょう。
しかし、いずれは廃車にして新しい車を購入しなければなりません。
つまり、新しい車にどの時点で切り替えるかと言うことです。
リースにメリットがあると思っている人は、いつでも新車に乗っていることが当然だと思います。
もちろん、そのためにリース費用を払っています。
車を購入してローンにした場合は、ローン終了後の支払いはありませんが、タイヤ交換やバッテリー交換をする必要が出てくるでしょう。
車は消耗品なのだと言う見方は正しいでしょう。
古くなると、あちこちの調子が悪くなります。
同じ車にずっと乗り続けるためにはお金がかかるのです。
ただ、最近の車は高性能になってきました。
10年乗っていても、まだまだ調子は衰えません。
新しい車には低燃費や高性能と言った魅力があります。
リース契約の更新毎にその魅力を享受できるのは大きなメリットですね。
車を単なる交通手段と考えるか、リラックスできる個人の空間と見るかによっても変わるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です