新車のリース

Pocket

新車のリース
新車のリースは大きなメリットがあると言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
個人を対象としたリースとローンの違いがよくわかっていない人はリースの方がお得だと思っているようですが、それは間違いです。
リース会社は損をするような販売をするはずはありません。
つまり、車の初期費用やメンテナンス費用がリースに含まれるとしても、その分だけ支払い額が高くなるだけです。
ローンよりも得をしているわけではありません。
それでは新車のリースと中古車のリースではどうでしょうか。
もちろん、新車の方が高くなりますが、残存価格も比例して高くなります。
したがって、支払い額があまり変わらない可能性もあるのです。
それなら新車に乗っていたいと誰でもが思いますね。
新車のリースで気を付けなければならないのは事故です。
事故を起こすと残存価格に大きく影響します。
一般的な残存価格は新車の時から極端に傷が入ったり、傷んだりすることを考慮していません。
したがって、毎月の支払い額は変わらなくても契約終了時点でまとまったお金を支払わなければならないケースもあります。
事故のために保険に入っているわけですが、その効果がないことになります。
個人的にはお金がなくても車に乗りたいと思っている人は少なくありません。
人は贅沢をしたがるのでしょう。
ただ、一時的にお金を支払う必要がなくても、トータルで考えると高い買い物になる可能性が高いでしょう。
新車リースはじっくり考えてから決めてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です