車の賢い借り方

Pocket

車の賢い借り方
自動車を買うか借りるか、どちらが得だと思いますか。
これは単に金額だけを計算するのではなく、車を所有している人の考え方に関わってきます。
わかりやすい例で言えば、お金はないけれどもいい車に乗っていたいと思うならカーリースがいいでしょう。
個人向けの車のリースは近年、上昇傾向にあります。
今後もしばらくは同じ傾向が続くと考えられています。
ただ、すべての人がお金を出さずにいい車に乗りたいと思っているわけではありません。
購入のためのいろいろな手続きやメンテナンス費用もすべて含まれたカーリースならガソリン代だけを負担すればよく、毎月の支払い額が明確に見えているでしょう。
急にお金が必要となることはありません。
ローンの場合は車が自分のものとなりますから、ローン終了後の支払いは発生しません。
ただ、5年後、10年後に同じ車に乗っているのが嫌だと思うなら、カーリースですね。
現代人はお金がなくても周りや自分に対して見栄を張りたいのかもしれません。
リース会社が個人向けリースを積極的に展開しているのは、人の心理をうまくついているからかもしれません。
ただ、背伸びした状態の生活をいつまでも続けることはできません。
リースは若い人たちだけに人気があるのかもしれません。
現代のリースでは契約期間中はほぼ、自分の車として利用することができます。
自分の好みに合わせて改造することさえできるのです。
ただ、返却する時には元に戻さなければなりませんから、その点は注意しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です