カーリースのトラブル


カーリースのトラブル
カーリースは車のリース会社が個人向けに積極的に営業を行っています。
ローンよりもリースの方が割高になるのですが、個人でリース契約をする人も少なくありません。
これはずっと新車に乗っていることができるとか、メンテナンス費用も払う必要がないといった言葉に釣られてしまっているのでしょう。
カーリースの一番のトラブルは事故です。
事故の処理自体は本人の保険で賄うとしても、リース物件としての残存価格に大きく影響します。
通常のリースでは設定した残存価格を除いて支払い額が決められています。
残存価格の価値が事故によって激減すれば、その分の支払いが上乗せされてしまうのです。
契約期間満了時に一括で支払わなければならない会社もあります。
リース契約をする時にはいいことばかりを説明していた営業マンです。
事故の後は支払いの話ばかりになるでしょう。
トラブルの元はもちろん、事故を起こした人です。
しかし、十分理解して契約していなかったために、ローンを組むよりも支払い額が増えてしまうのです。
途中解約も違約金の支払いが発生します。
会社によっては残額を一括支払いとなる場合もあります。
まとまったお金を払うことができないためリース契約をしたのですから、一括支払いなどできるわけはありません。
自分の生活力に合わせた車を選ぶことが大切です。
新車に乗りたいなら、それに見合った収入を得られるようになるべきです。
住宅ローンと同じようにローンの支払いができなくなってしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です