車と家族


車と家族
どのような車に乗るかは家族構成によって大きく変わります。
一般的には家族全員が乗れる車を所有するからです。
最近カーリースが注目されていますが、3年後の生活が不透明な場合は車を購入してローンを組むより、見直しを前提としたカーリースもおすすめです。
個人向けのリースは3年後、または5年後の見直しを前提とした契約です。
ずっと乗り続けるつもりならリースよりもローンの方が得になります。
毎月の支払い額が違うからです。
家族が増えて、大きなワンボックスカーが必要になった時には、これまでの車を売って新しく購入する人がオオかもしれません。
リースの場合は契約期間中の解約はかなり割高になります。
もちろん、購入している場合も下取りに出しても、予想以上に低く見積もられてしまうことでしょう。
それは自分の都合で手放すのですから、やむを得ないのです。
地方で生活している場合、車は必需品です。
ちょっと出かける時も車が必要だからです。
もちろん、都市圏でも同じことかも知れません。
車が生活の一部であるなら、どのような車に乗るかは非常に重要です。
家族を中心として考えるか、個人の生活を考えるかによって車が変わります。
車をリースするかローンにするかは広い視野で考えましょう。
単に月々の支払い額を合計するだけではその価値を判断できません。
あなたはどう考えていますか。
新しい車に乗りたいと思うのは誰でも同じですね。
車のリースでは車種は自分で選ぶことができます。
ほとんどの車が対象となっているからです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です