カーリースの問題


カーリースの問題
新車を購入して、その支払いをローンにするのが一般的ですが、最近は個人向けのリースが多くなってきました。
そのためローンとリースはどちらがいいか悩んでいる人もいるのです。
リースにはいろいろな制約がありますから、後で問題とならないように注意しなければなりません。
問題と言うのは契約に不備があるのではなく、利用者がリースの内容を十分に理解していなかったために起こるトラブルです。
もちろん、リース会社の担当者がきちんと説明をしていなかったかもしれません。
ただ、支払い額が安いと言う点だけを見て、その他を見ていない人も悪いのです。
リースは契約終了後も自分の車にはなりません。
また、新しい車を契約することになります。
つまり、リースはずっと支払いが続きますが、車は新しいものに交換していくのです。
最近は技術の進歩により、低燃費の車が登場しています。
また安全運転のための機能も充実してきています。
10年前の車では考えられなかったことが実現しているのです。
あなたは今の車に10年間乗りますか。
燃費の悪い車で我慢するよりも、最新の車に変えた方が燃費は格段に向上します。
それらのことを考慮してリースとローンを比較しなければなりません。
つまり、価格だけを見てもわからないと言うことです。
あるサイトの表現を借りれば、価値観の違いです。
車に対して何を求めているかによって個人毎にメリット、デメリットが違ってくるのです。
あなたはどちらを選ぶでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です