格安のカーリース

Pocket

格安のカーリース
自動車の個人向けリースの比較ランキングがありますが、格安のリース会社があるわけではありません。
格安に見えるなら、それは条件が設定されています。
リース会社が損をするようなシステムを作るわけではありませんから、車の価格や金利、手数料などを考えると、極端に安いリースを実現することはできません。
走行距離に制限があるとか、事故を起こしたら一括支払いなどの条件が付いているかもしれません。
格安のリースがあったならば、その契約条件をしっかり確認してください。
何もなければ格安ですが、3年後の契約満了時に車の残価額が目減りしているかもしれません。
そうなると、追加で差額を支払うことになります。
一般的にはリースの契約終了時に、車の状態を評価して予想以上に傷んでいると差額が請求されます。
その傷み方は見る人によって異なりますから、要注意です。
自分ではきれいに使用していたと思っても、リース会社の担当者が傷んでいると評価すると差額が発生するのです。
リース会社を選ぶ時には支払い額の大小よりも、営業マンの対応ぶりをチェックしましょう。
長い付き合いをしていかなければなりません。
親しくなって、リースの賢い利用法などを教えてもらうといいですね。
リースとローンのどちらがいいかと言う問いにも適切にこたえてくれるなら、信頼できる営業マンと言えるでしょう。
支払い額ばかりを気にするのではなく、リースの全体を見てください。
個人契約の場合は、特に契約終了時点からの次の車のことです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です