車のリース


車のリース
車の購入方法として、ローンとリースの二つが主流です。
その中でもリースが注目されるようになってきました。
車を所有したいけれどもまとまったお金を払うのは難しいと言う人のために、ローンとリースがあります。
会社の場合はほとんどがリースですが、個人の場合のリースはメリットがあるのでしょうか。
もちろん、注目されているリースは個人向けです。
それではリースとローンはどこが違うのでしょう。
まず、車の所有者の違いです。
ローンは車を所有してから、支払いにローンを組むものです。
それに対して、リースの場合、車は借り物で借り賃を毎月支払うことになります。
車を所有しないと言うことは、車にかかる諸費用を払う必要がありません。
車検代、自賠責保険料、各種の税金などを払う必要がないのです。
もちろん、その費用の一部がリースの支払いの中に含まれています。
車検は3年後ですから、車検を迎える前にリース契約が切れます。
その時に契約をどうするかによって、損得が変わってきます。
リースは借り物ですから返さなければなりません。
そこで別の新車をリースすることになるのです。
毎月の支払いが終わることはありませんが、3年毎に新しい車に乗り換えることができます。
また、リース時に3年後の残存価格が設定されているため、支払い金額が少なくなるのです。
一つの車にずっと乗っていたいと思っているなら、ローンの方が安くなりますが、3年毎に新しい車に乗り換えたいならリースがお得と言うことでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です