車のリースと支払い

Pocket

車のリースと支払い
車のリースの支払い額はどれくらいでしょうか。
ローンに対して利率は高くなりますが、契約満了の3年後の残存価格が設定されているため支払い額は少なくなります。
車のリースで注目したいのは、毎月の支払い額ではなく、それ以外にかかる費用です。
個人でのリースのメリットはメンテナンス以外の諸経費が不要となる点です。
初期購入費用や毎年の税金は所有者であるリース会社が支払いますから、個人は払う必要がありません。
最近のリースではオイル交換やタイヤ交換などのメンテナンス費用もリース契約の中に含まれていることが多くなりました。
つまり、事故を起こさない限り、毎月の支払いだけをすればいいことになります。
ローンよりリースの方がメリットは大きいと考えている人は、新しい車に乗っていたいと思う人です。
3年以降も同じ車でいいならローンを選択すべきでしょう。
軽自動車の支払い額の例では約25,000円程度です。
3年後には160万円となります。
現代において、車は必需品だと考えている人がほとんどです。
都会で交通の便がいいところなら必要ないでしょうが、地方においては車なしで生活することができないのです。
リースによって車をどのような形で所有するかの選択肢が増えたと言えるでしょう。
あなたがこれから車を手に入れようと考えているなら、リースとローンを十分比較してください。
同じ車にずっと乗るならローンが得であることは間違いないでしょう。
自分の所有物となるからです。
リースの場合は支払いが終わることはありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です