吾郎専門通販

Pocket

吾郎 男一本セブンスター

 中居正広と美人振り付け師の熱愛が報じられ、大きな話題となっている。ここ数年独身キャラを演じていた中居が6年も同棲していたという意外性もあるが、それ以上に意外なのがスクープしたのがジャニーズ御用雑誌である「女性セブン」(小学館)で、いつもならジャニーズのスキャンダルは一切無視するスポーツ紙やテレビも後追い報道をしたことだ。昨年のSMAP騒動以降、ジャニーズタブーが崩れつつあるのではないか。そんな見方も流れている。

 しかし、残念ながら、依然としてジャニーズタブーは強固に存在する。ジャニーズタレントがとんでもない事件を引き起こしていたことが発覚しているのだが、この間芸能メディアは一切無視している。

 この事件を報じた「フラッシュ」(光文社)3月7日号によると、ジャニーズJr.で俳優・京本政樹の一人息子・京本大我が風俗嬢に暴行を働いたうえ、本番行為を強要したというのだ。記事によると、京本の行為はかなり卑劣なものだ。

 記事によると、京本が、新宿に拠点を置く性感マッサージから、女性を派遣されたのは昨年12月のことだった。この店は男性からのお触りは禁止で、女性が全身をマッサージして、そのあと手で”ヌク”というもの。しかし京本はマッサージの途中、女性に無理やりフェラチオをさせ、さらに本番行為を強要したというのだ。しかも「フラッシュ」には20代の被害女性自身が、その一部始終を赤裸々に告発している。

〈太もものあたりをマッサージしている際、彼が急にガバッと起き上がって……。いきなり頭を手で押さえつけられると、無理やり口で……。頭をガンガン乱暴に動かされ、とにかく苦しかった〉 
〈ワンピースを脱がされてパンツ一枚にされ……。「え? 何してるの?」と聞いても、無言で体を倒されました。そして無理やり……〉

 女性はその際、逆らったら暴力を振るわれるのでは、との恐怖を感じ、コンドームをつけることを懇願するのがやっとだったという。その後、女性は友人や家族にもそのことを相談できなかった。だが、1カ月ほどしてようやく決心し、店に事情を話した結果、京本はこの店に出入り禁止になったという。
 もしこれが本当なら、これは単に風俗店でのルール違反などというものではなく、レイプ行為の疑いさえある。しかも、女性本人がメディアの取材を受けての具体的な告発であり、実際、ジャニーズ事務所も「フラッシュ」の取材に対し、性交渉や強要は否定したが、出張マッサージ店に行ったことは認めている。しかし相変わらず、ワイドショーを始めとする芸能マスコミは、これを一切無視したままだ。

 昨年、やはり二世タレントの高畑裕太がレイプ容疑で逮捕された際、マスコミは連日のように大報道を繰り広げたが、それと比べれば今回の扱いはあまりに不公平だろう。高畑はその後不起訴になったが、しかし現在でも芸能界を追放されたままだ。

 こうしてジャニーズタレントの不祥事や暴力沙汰が発覚するたびに繰り返される、マスコミのジャニーズ事務所への”配慮”と隠蔽。

たとえば記憶に新しいのが昨年5月に発覚したHey! Say! JUMPの中島裕翔の痴漢事件だ。泥酔した中島が路上で女性会社員に抱きつき、上半身を触り、警察も駆けつける事態となったこの一件だが、しかしほとんどのマスコミはこれを無視。さらにその後も何のお咎めもなく、中島は予定通りフジテレビのドラマ『HOPE?期待ゼロの新入社員?』の主演をつとめた。また2014年、山下智久が器物損壊の疑いで書類送検された際も、マスコミは「捜査書類を”送付”」などと言葉をすり替え、事件を小さく見せようと必死だった。古くは元SMAPの木村拓哉、稲垣吾郎や草なぎ剛の警察沙汰など挙げていけばキリがないほどだ。

 さらに今回、注目すべきは相手が風俗嬢だったということだろう。昨年末、嵐の松本潤の”二股”スキャンダルが報じられたが、このときに浮上したのが歴代のジャニーズタレントがAV女優を”性処理”の道具として扱ってきた習慣と歴史だった。自殺したAV女優のAYAを櫻井翔以外の嵐のメンバー4 人が”共有”していたとされる件、V6の森田剛と美雪ありす、最近もHey! Say! JUMPの伊野尾慧とAV女優の明日花キララとの三股交際……。ジャニーズ事務所のタレントたちがAV女優に対し、一人の女性ではなく、単なる遊び相手、性処理係のごとくに扱っていたケースは枚挙にいとまがない。
 本サイトではその背景には、恋愛に関し厳しく律する事務所に対し、タレントたちがAV嬢を真剣な恋愛ではなく、手軽な性処理相手として扱っていることを指摘しているが、こうした意識はもちろん、後輩たちにも伝播し共有される。つまりジャニーズタレントたちの性産業に従事する女性への蔑視が、京本の風俗嬢を物扱いするような態度、ひいては今回の事件を引き起こしたのではないか。

 しかもジャニーズタレントたちの数多くのスキャンダルを、テレビやスポーツ紙は一切後追いすることなく、すべて葬り去られてしまった。こうしたメディアの弱腰や無批判な事なかれ主義こそが、「何をやっても大丈夫」とジャニーズタレントたちを増長させ、女性を「性の捌け口」、まるで物のように扱うという非道な行為を繰り返させているのではないか。

 ジャニーズの不祥事に目を背け続ける芸能マスコミは、ジャニーズタレントたちのこうした犯罪行為の共犯者であることを自覚すべきだろう。

はじめての吾郎

『影女』 最後もう分かってたよ!

最後に写真立て変えようとしてたシーンで分かったよ!

絶対これ最後くると思ったよ( ´_ゝ`)

友達こわいよ( °д°)

てか服で壁のしみ隠して、あの友達が呪われそう って、最初思ってました。

エレベーターの回、よくあんな夜にいくな!って。

皆 夜に行くなぁ。

度胸が凄い。

あれって エレベーター乗って、それからどーするつもりだったんだろうか。(´・ω・`)

というかギリギリで扉 閉じんのやめてください

あの蔵の回は、主人公とおじさんが家の角で急に出て来て ぶつかりそうになったのが 一番

びっくりした。

あと 何稲垣吾郎の、途中で何か 皆怖い体験した事ある? って言って、

周りにいる子供の中の 女の子が、

池の周りに 店 があって、なんか 地面からおじさんが出て来る  ...

的なこと 言ってましたよね? 何だったんだあれ。それただのオッサンだよ!(?)

………って思いました。                         

感想短くなったヽ(;´ω`)ノ

【本当にあった怖い話 8.19】     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です