青汁の飲み方

Pocket

青汁の飲み方
青汁の効果を高めようとたくさん飲んでいる人がいますが、これは誤りです。
1日に一定量の青汁を飲めば、それ以上は排出されてしまいますから、無駄になってしまいます。
量を増やすよりも長く継続することが大切です。
時々は飲み忘れても構わないでしょう。
飲み始めの時は体の調子が悪く感じるかもしれません。
ただ、しばらくすると調子が良くなりますから、1週間程度は続けてみましょう。
その後も湿疹や下痢などが続くようであれば、残念ながら青汁があなたの体質に合わなかったとあきらめることが肝心です。
ただ、そのような人はごく稀ですから、安心して青汁を飲んでください。
青汁だけでは飲みにくいと感じている人は、別のものを混ぜて飲むこともできます。
ただし、砂糖を混ぜるとビタミンBを消費してしまうことになるため、その分だけ栄養が無駄になります。
もちろん、その効果は量によって異なってきますから、まったくだめだと言うことではありません。
はちみつや牛乳など自分が飲みやすい方法を考えるといいでしょう。
食事の前に青汁を飲むと、食欲を抑えるため、食べ過ぎ抑制効果があります。ダイエットを考えているなら、食事の前に青汁ですね。
青汁にどのような効果を期待するかによって、飲むタイミングを変えるべきでしょう。
野菜不足を補うためなら、食後がいいでしょう。
便秘の解消であれば、就寝の前に牛乳と一緒に飲むことをおススメします。
いろいろと試してみて、自分に合った飲み方を探してください。


コメントは受け付けていません。