車の査定を受けることが決まったら・・・

PR

Pocket

車の査定を受けることが決まったら、車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと判断に迷うこともあるでしょう。

一見してわからない自分で直せそうな小さい傷なら、直して査定のマイナス要因を消しておくのが良いのですが、修理工場に出すまではしなくても大丈夫です。

なぜなら直したことで上がる査定額分よりもまず修理代の方が高くなるためで、自分ではどうにもできないような傷なら修理は考えずにそのままで査定員に見てもらうのが正しいです。

ネットを利用することで、車の査定額の相場が分かるでしょう。

中古車買取業者の中でも大手のサイトなどで、車の買取価格の大体の相場がでてきます。

相場を分かっていることで、安く売り過ぎてしまって損をすることはありませんので、申し込みの前に確認をきちんとしてください。

そうはいっても、車の状態次第で変化するため、絶対に相場通りに買い取ってもらえるとは限りません。

中古車の査定額は一言で言うと買取業者によりけりです。

安く買い叩かれて意に沿わない取引になってしまわないように、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを出しておいてもらうことをおすすめします。

しかし、そうやって手に入れた見積もりの額と買取業者が車を調べて出してくる査定額とは差があるのが普通ですので、その点は用心しておくのがよいでしょう。

極端な例ですが、高額査定をネットの見積もりでつけておき、査定額は格安にしてしまうという不良業者もいて問題になっています。

業者に車の実物を見て査定してもらう際、文字通り買取業者が出張してくる出張査定の利用者も多数います。

なんといっても自宅で査定してもらえて楽ができ、運転しなくて済むのでガソリン代も浮きます。

楽ですがしかし、頼みを断れないタイプの人は業者に足を運んでもらう出張査定より、買取業者のお店まで運転して行き査定してもらうのが良さそうです。

わざわざ出向かせて悪いから、などと思ってしまった場合、業者の要求通りに話が進んでいくことになりそうです。

さていよいよ業者に査定をしてもらうという時、その前にちゃんと洗車を済ませておくべきです。

買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、汚いまま酷使された車より丁寧に扱われたきれいな車に良い点数をつけたくなるというものです。

車の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、それが響いて査定額のマイナスにつながるかもしれません。

また、洗車を行うなら外装だけでなくタイヤまわりなどに溜まった汚れも落としておくといいでしょう。

PR

コメントは受け付けていません。

PR