車の査定を受ける時のスタッドレスタイヤ

PR


車の査定を受ける時は、スタッドレスタイヤをつけたまま査定してもらうのではなく、いわゆる標準タイヤに換えておきましょう。

意外かもしれませんが、スタッドレスタイヤは査定にマイナスになるものです。

もし、状態がいい場合はスタッドレスタイヤも車とまとめて買い取ってくれる場合もありますが、すり減って溝がない状態になっていると、反対に処分の費用が必要かもしれません。

車の査定では走った距離が少ない程に高い査定額となります。

走行した距離が多い方が車が劣化するからです。

そうはいっても、走った距離のメーターに細工をするとそれは詐欺となってしまうので、走った分はもうどうしようもないです。

次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。

車検切れの車については査定はどうなるかというと問題なく査定は受けられるのですが、ただ、車検を切らしている自動車は公道走行は不可能ですから、出張査定を受けることになります。

車検を通して売却を試みようとするよりかは、車検切れのまま売ってしまう方が車検に使うお金が無駄になりませんし、ここは迷わず出張査定を受けるべきでしょう。

出張査定についてももちろん、複数の業者を使うようにすると手間はかかりますがお得なはずです。

もちろん、事故車であっても査定を申し込むことは可能ですが、金額はかなり低くなるでしょう。

けれども、事故にあった車ということを隠そうとしても査定する人にはバレてしまうので、マイナスになってしまいます。

事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故車専門の中古車買取業者に査定をお願いすると良いでしょう。

こちらの方がより良い査定額をつけてくれる場合もあるでしょう。

インターネットを使うことで、車査定のおおよその相場が分かります。

いわゆる大手の中古車の買取を行っている業者のホームページで、車の買取価格の大体の相場がでてきます。

相場を分かっていることで、安く売り過ぎてしまって損をすることはありませんので、予めよく確認をしましょう。

しかし、車の状態によって変わってしまうので、必ずしも相場のままの価格で売れるというわけではありません。

コメントは受け付けていません。

PR