自動車の査定をするときには・・・

PR

Pocket

自動車の査定をするときには、スタッドレスタイヤをつけたまま査定してもらうのではなく、標準タイヤにしておいた方がお勧めです。

スタッドレスタイヤはマイナスの査定となってしまうといわれます。

もし、状態がいい場合はスタッドレスタイヤごと買取を行ってもらえる場合も出てきますが、溝がない状態になってしまっていると、処分の費用がかかるかもしれません。

買取業者ごとに異なる中古車の査定額ですが、その差は意外と大きいことが知られています。

安く買い叩かれて意に沿わない取引になってしまわないように、見積もりは複数の業者から集めて大体の相場を知る手掛かりにするとよいです。

しかし、そうやって手に入れた見積もりの額と実際に出る査定額とは往々にして異なるものですので、その点は用心しておくのがよいでしょう。

極端な話、ネットの見積もりで高額査定を出しておきながら、相場よりずっと安い査定額をつけてしまう悪意のある業者も少数ながら存在しています。

どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほど査定にプラスとなります。

走行した距離が多い方が車が悪くなってしまうからです。

とは言っても、走った距離のメーターに細工をするとサギですから、走行した分は諦めるしかありません。

この後からは、車を売ることを頭に入れておき余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。

もちろん、事故車であっても査定を申し込むことは可能ですが、つけてもらえる査定の金額は低いでしょう。

そうはいっても、事故を起こした車ということは隠そうとしたところで専門家である査定員には分かるので、マイナスの印象を与えてしまいます。

事故によるダメージが大きい場合は、数は少ないですが、事故車を専門にしている買取業者の査定を受けるといいと思います。

その方が高い金額をつけてくれる場合もあるでしょう。

買取業者による査定を控えて、さて車の傷を直したらいいのか放置するのか判断できないケースもありそうです。

これは傷の大きさによります。

小さくて自分で直せそうなら、直して査定のマイナス要因を消しておくのが良いのですが、あまり修理にこだわらなくても結構です。

なぜなら直したことで上がる査定額分よりもたいがい修理代の方がはるかに高くなるためで、もう修理はせずにありのままで.プロの査定を受けてしまうのが良いです。

PR

コメントは受け付けていません。

PR