観客あしたのもと

PR

Pocket

観客の通販限定品に注目、お求めやすい価格で取り揃えています。ぜひご覧下さいませ。

橋爪功 出演映画 ベスト10

 

息子のせいでちょっと気の毒な状況の橋爪さん。

ひょうひょうとした味わいのある演技が好きです。

近年は山田洋次監督の作品によく出演しています。

 

 

1 家族はつらいよ/家族はつらいよ2

しばらく本格的なコメディから遠ざかっていた山田洋次監督の長らく溜まっていたものが一気に噴き出したという感じです。近頃少なくなったホームコメディですが、笑いどころ満載で、非常に楽しい作品に仕上がっていました。特に橋爪功のいかにも昔ながらのおやじ的な態度が最高でした。

 

 

2 RAILWAYS  49歳で電車の運転士になった男の物語

丁寧に描かれた好感の持てる作品です。この映画に背中を押されて、実際に仕事を変えてしまう人も、一人以上は必ず発生するのではないでしょうか。それだけ主人公の決断には説得力がありましたし、嫉妬さえ感じる生き方でもありました。現実的には経済的なこともありますので、そう簡単にはいかないとは思いますが、好きでもない仕事を嫌々毎日こなしている身にとっては、刺激にはなりましたね。橋爪さんは社長役。

 

3 東京家族

1と同じキャストで、先立って作られたこちらはシリアスな現代の家族映画です。名作『東京物語』をモチーフに、配役からして安心できて任せられる俳優陣を選び、それぞれ役柄に違和感なくぴったりはまっていますし、演出も元ネタへの敬意を示しながらも、現代の観客にも分かりやすくアレンジ。ポイントとなるシーンではきっちりと涙腺を刺激する丁寧な演出をしながらも、ところどころで邪魔にならない程度に笑いの要素も入れてくるという、実に心憎い作りかたをしてきました。

 

 

4 小さいおうち

こちらも山田洋次監督作。戦中当時としては比較的裕福でモダンな家族の中の秘められた恋。その秘密を一生背負って生きた一人の女中。いわゆる山田洋次的な世界とはやや趣きの違う印象で、新鮮な印象を受けました。もちろんお得意のある「家族」を舞台に描いてはいるのですが、家族の繋がりとか絆とかよりもそことはずれた箇所が物語の軸になっているというところに因るものかもしれません。橋爪功は小説家の先生を演じています。

 

 

5 居酒屋ゆうれい

役者陣の演技が達者ですね。ショーケン、室井滋、三宅裕司、橋爪功…そしてなんといっても山口智子が魅力的。毎日同じ客で満席の居酒屋というのもどうかとは思いますが、幽霊をただ追い返すだけでなく、そこに生まれるやり取りに温かみが感じられて良かったです。

< p align="left" style="margin: 0px; text-align: left;"> 

6 永遠の0

あの時代に堂々とこのような言動を貫き通すことができたのか、彼の異様に丁寧な言葉づかいも含め、映像として見せられると、正直なところしっくりこない部分があったのも事実です。ただ戦争というものの生々しさを思うと、少々描写が美しすぎるような違和感を禁じ得ないのです。お話としては心を動かされるような素敵な逸話ですし、キャストもみんな心のこもった演技を見せてくれています。撮影にも力が入っていますし、作り手の思いというものも十分に伝わってきました。元海軍飛行兵曹長役の橋爪さん。

 

 

7 マルサの女

伊丹十三監督の代表作で、当時流行語にもなった映画です。世の中バブルで金にあふれている様子がこの作品にも如実に描かれていて、時代感を強く感じさせてくれます。橋爪功は銀行の課長役。

 

8 小説吉田学校

戦後日本の政界を舞台に、吉田茂を中心にした政界の猛者たちの、表に出ない部分でうごめく欲望のドラマをリアルに伝えています。歴代の総理大臣も多数登場、橋爪功はその中から福田赳夫を演じています。

 

9 海よりもまだ深く

まず樹木希林がさすがの演技と存在感で、彼女のおかげでこの作品が成立しているといっても過言でないぐらいです。台風の夜の狭いアパートの中で場面が半分以上占める中、演者の演技によるところが大きい作品なだけに、阿部寛や真木よう子も含め、リアリティのある演技はそれだけで観るべきものはあったでしょう。橋爪功は音楽の先生役。

 

 

10 黒いドレスの女

北方謙三原作ということでヤクザの世界のハードボイルド作品ですが、その中でも清楚さを保ち続ける原田知世はある意味凄い!物語はスピード感があり、ミステリーも小出しにして飽きさせない。ただ藤真利子と菅原文太の差し違えのようなシーンだけは陳腐な気がした。原田の着る色とりどりの衣装も華やか。

 

「観客」という幻想について

その後都市対抗戦(現在の全日本都道府県対抗ポケットビリヤード選手権大会)に多くの都市が参加するようになり知名度があがった。現在も開催が引き継がれ53年の歴史を誇る日本のビッグイベントになっている。そして北海道から沖縄まで殆どの都道府県が参加するように普及発展したことは喜ばしい限りである。

 

 

アマチュア最大の大規模イベント/和歌山県

 

 

一般市民にポケットをPRするには屋外でのデモンストレーションが効果的だった。後楽園野球場前の広場にテーブルを設置した。場所がらショウを始めると1、2分でテーブル周りにあっというまに観客の人垣ができた。四国松山の繁華街のメインストリートにテーブルを設置したこともあった。消防車が通れるようにと規定され、テーブルの水平を保つのに苦労したこともあったが、多くの観客を集めた記憶は忘れられない。

 

2016 参加選手の総勢

 

 

このようなPR活動は効果的であり、最近も公式戦がアウトレットやイベントホールの屋外で開催されていることはグッドアイデアで喜ばしい状況である。

 

– to be continued –

PR

コメントは受け付けていません。

PR