だから観客は嫌いなんだ

PR

Pocket

観客が安っ!!

vol.170


知らず知らずのうちに
カラダに負担かけてませんか?

?頭皮から毒だしして?
免疫力・発毛力をたかめる
山形県村山市 たちばな美容室
あおやぎみほです


今年も始まりました
山形県村山市の徳内祭り
手引きの山車
テンポのよい
お囃子に合わせて

23の団体が

それぞれの演舞を
披露します

雨も味方に
楽しみます
今年も
愛のアメちゃん先生
重いくらいつけて
出陣~



幼稚園の先生
さすが
今年はクリスマスツリーな様に
サンタのプレゼント
子供たちも観客の方たちも
一瞬でお祭りに引き込まれちゃう
毎年、素敵だなあって思います
いつも、とってもおどけているけど
愛があふれてる
今日も頑張って想いを込めて
髪を結わせていただきます



明日も楽しい1日と
なりますように

体に優しく

髪に優しく

みほりんでした(’-’*)

[住所]

〒995-0034
山形県村山市楯岡五日町3-1
たちばな美容室

TEL 

観客 そして、ボクたちは天使と呼ばれていた

日本人を悪者に仕立て上げるやり方。。

まともな韓国人の方たちも気が付いていると思う。北に寄ろうとするムン政権にも。。

そして、同じく日本を悪者に仕立て上げようとする・・

日本の「反日勢力」とメディアに対しても。。気が付いている人はどれだけいるのか・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「映画には想像が多い」「日本人は遺体を送還しよくやった」 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・元徴用工が映画「軍艦島」の虚偽指摘

【ソウル=名村隆寛】

「軍艦島」の通称で知られる長崎市の端島炭坑を舞台にした韓国映画「軍艦島

(柳昇完(リュ・スンワン)監督)が韓国で上映中だが、軍艦島で実際に徴用工として

働いたという韓国人男性が韓国メディアに対し、映画の内容が実際とは異なり誇張

されていると指摘している。

 問題を指摘したのはチェ・チャンソプ氏(87)。チェ氏を取材した韓国日報(電子版)によると、

チェ氏は先月26日、韓国政府の招待を受け、元徴用工や遺族50人余りとともに

「軍艦島」を鑑賞した。

 チェ氏は鑑賞後、「映画には想像が付け足されているようだ」と語った。その例として、

映画に登場する楽団長の娘を挙げ、「あんな幼い少女を軍艦島では見たことがなかった」

と述べた。この指摘に、記事では「強制徴用が始まった後、連れて来られた朝鮮人はほとんどが少年だった」との説明が加えられていた。

 一方、米軍の爆撃で死亡した朝鮮人の死体を一カ所に集め燃やす場面について、

チェ氏は事実と違うと否定。「端島で働いていて亡くなった人は多かったが、日本人は

その遺体をちゃんと弔って、韓国に送還していた。それだけは実に善良によくやった

と回顧した。

また、映画では朝鮮人徴用工らが力を合わせて、管理する日本人らと戦い 

脱出を敢行する場面があるが、チェ氏は「全く不可能だ」と断言した。

 チェ氏は「映画はもう少し淡泊であるべきだった」「日本人がしたことをそのままに、

韓国人もしたことをそのままに映画にすべきだった」と不満を語った。

 多額の制作費をかけ鳴り物入りで7月末に封切られた「軍艦島」。

公開当初こそ関心を集めたが、現在は観客動員数が伸びず苦戦を強いられているという。

PR

コメントは受け付けていません。

PR