ホンダ フィットのお取り寄せ通販情報を紹介、これだ!と思ったらヒルまず即GETがオススメです。

PR




20分で理解するホンダ フィット

カラー★大理石ネイル半透明なオフホワイトと深みあるレッドカラーでべっ甲ネイルを施しました。べっ甲ネイルは、秋,冬の定番と言っていいくらいのデザインですね。とっても素敵!!   Nailsalon Libur【ネイルサロン リブール】横浜市営地下鉄線 仲町台駅≪初回オフ無料≫仕上がり・ツヤ感はもちろん、持ちの良さにも定評あり◎【仲町台駅6分・センター南】ホットペッパービューティークーポンメニュー    ギャラリー   ネイリスト   MAP   口コミ   住所:神奈川県横浜市都筑区桜並木20-32-2303号   アクセス・道案内:横浜市営地下鉄「仲町台駅」改札口を出るとバスターミナルがあります。 高架下にあるフィットネスケアデポを渡り左へ。 仲町台駅入口の交差点に出ますので、その交差点を反対側へ渡り右へ。しばらく歩くと三菱自動車・ホンダクリオがあります。もう少し歩くと向原の交差点がありますので、こちらの交差点、オブジェのあるマンションの駅寄り3階に当サロンはあります。お写真のこちらの建物です。(2号棟)   営業時間:10:00~20:00(最終受付18:00)  ※18時以降のご予約をご希望の場合はご相談ください。   定休日:不定休 設備:総数1(リクライニングチェア1)  スタッフ数:総数1人(施術者(ネイル)1人)  完全マンツーマン体制で施術させていただきます。 お子さま同伴可能です。 駐車場:有り(1台¥500)※近隣にもコインパーク有り  ※駐車場について当サロンのマンション敷地内で1台(有料で事前のご連絡です)ですが、他お客様情報で平日のみですが近くで止められる場所がございますので当日お伝えいたします。   こだわり条件:当日受付OK/女性専用/個室あり/駐車場あり/2回目以降特典あり/カード支払OK/朝10時前でも受付OK/年中無休/女性スタッフ在籍/完全予約制/指名予約OK/一人で貸切OK/ドリンクサービスあり/お子さま同伴可/リクライニングチェア(ベッド)/3席(ベッド)以下の小型サロン/都度払いメニューあり      その他掲載サイト ビューティーパーク 楽天ビューティー エキテン Googleマイビジネス          

明日、ホンダ フィットが滅びるとしたら、今日、何をやるだろう。

購入してから13年が経過し、6回目の車検を受ける日産キューブ3をお店に預けている間に貸して頂いた代車の紹介をします。
二代目ノートです。フロントグリルの形から、マイナーチェンジ前の車両と思われます。
2012年の秋に登場して今年で6年目を迎えた車種ですが、2016年暮れのマイナーチェンジで増強したe-POWERモデルは、日産に30年振りの月間販売台数no.1をもたらしたクルマでもあります。
家の者の一人がアメリカホンダでJAZZと呼ばれるクルマ(回りくどいか)に乗っている手前、そのデザインに似ていることが、気になるところ。。

しかし、日本市場では、走り・価格・燃費、そして先進性のバランスが優れたクルマが売れる傾向にあることから、スタイルに独自性が有っても燃費がイマイチなキューブなどは衰退の一途を辿っています。

一時は会社存立の危機に瀕した日産でしたが、エクストレイル、マーチ、キューブ、セレナに続き新生NISSANを支えた最大級の功労車が、このNOTEであるといえます。
その象徴的なCMは、紹介するだけなら著作権的にはセーフだと思うので記しますが、
低燃費少女ハイジ
と決めつけているのは楊田だけではないと思います。

そんな日産ノートが二代目となっても販売台数を躍進させた最大の原動力が、このエンジンだと思います。
三気筒1.2リットルのスーパーチャージャー付きエンジンなのです。
これにより、高次元の運動性能と低燃費の両立を実現させ、ヴィッツ、アクア、フィットなどと互角以上の販売競争力を発揮しました。

ノートe-POWERでも気づいていましたが、エンジンモデルでも、この場所に消音性能を高めるためのウレタンが装着されています。
だからなのでしょう。
運転時は、とても静かです。

それでも楊田は、このクルマに対する所有欲は
湧きませんでした。
コンパクトカー部門における日本車全体にも言える事なのですが。。
軽自動車よりも上位ランクにも関わらずエンジンが三気筒であることは、どんなにバランス調節したとしてもエンジン音は不快です。「いっそのこと、二気筒にでもしてしまえ!」というような割り切り感が有ってもよいと思います。
ただ、この二代目デビューのために用意した三気筒エンジンの存在があったからこそ、e-POWERの躍進へと続きましたから、何が佳かったのか、世の中判らないものです。

それから日産ホームページで確認されれば判る話なのですが、このクルマとマーチの内装はソックリです。ドアノブなどはキューブジュークとも共通です。

メーター関係ですら、マーチと同じ。。
日本市場での日産の懐事情の弱さが垣間見られます。モデルチェンジなど、車種展開の幅を広げられないのだと推測します。
クルマを保有するスタイルも色々ありますが、最近のコンパクトカー部門における
コストカット
は、日本車離れを招きかねないとすら思えてなりません。
ルノーとの合併作業が進みつつあると言われる
日産自動車
日本人のための、日本人の感性に合ったクルマづくりは、果たして護られるのでしょうか。
14年目を迎えるキューブ3を、もうしばらく乗り続けようと決めたばかりの楊田がお伝えしました。

PR




コメントは受け付けていません。