デメリット心に残る一品との出会いをお手伝いします。

デメリット

デメリット価格続落の今がチャンスです

こんばんは☆今週したピンクと寒色系メイク2つです

ラデュレのアイカラーパレット06RomanceとRMKのフェイスポップアイズ04を使ってメイク

ラデュレの右端のカラーをベースにぬるとRMKのピンクシャドウの色が引き立って良いです。

上がラデュレ下のピンクがRMKです

早速購入したNARSのデュアルTITANIAとコーライナーでメイク
タッチアップせずに購入したのでとりあえずアイホールに一色塗りしてみました。

ブルーのラインとグレーはやっぱり相性が良かったです。
グレーのアイシャドウを重ねるとブルーが少しグリーンぽく見えました。

夏だから可愛い色とか寒色使いたくて、でもイエベなんでピンクやブルー、グレーはくすみがちなんですよね。

なので肌作り頑張ってます。

アイブロウ途中なのは愛敬ということで

こんな感じで肌に透明感を出してブルーラメ、ピンク、寒色系が似合うベース作り頑張ってます!
いつものイエベ特有の暖かみのある肌を抑えてます

私のピンクやブルーの似合うベースメイクにかかせなくなっているアイテム。

日焼け止め塗ってベースにピンクの下地を部分的に塗ったあとディオールのフィックスイットカラーをハイライトゾーンとかに塗ってます。

この画像のようにブルーのフィックスイットカラーを塗って指で馴染ませてます。
小鼻下も赤みが出るので少し塗ってます。
瞼はほんの少し薄く伸ばしてコンシーラーも足してます。

フィックスイットカラーは偉大!
フィックスイットカラーで偽装ブルベ肌になれます!

これはお金で買える透明感増幅アイテムです。

ベースが出来たらファンデーション塗って、時間があればキャンメイクのシークレットカラーアイズ01の右の茶色で鼻とか少し立体感出してます。廃番本当に悲しい(ノ_・。)

更に時間に余裕があればココアミラージュの白で口元のくすみをとばしてゲランのビーユをふわっと塗って完成です。

とにかくフィックスイットカラーを仕込むといつもよりピンクブルー系が似合うようになるし本当に買って良かったです!

ただ、デメリットとしてはベースを作り込みすぎるといつも似合うブラウンやオレンジ系のリップやアイシャドウが似合わなくなる(・・;)

ファンデーションの色も自分のイエベの肌に合わせて買っているので合いにくくなります。。
首やデコルテに一応ミラコレのボディパウダーをはたいて馴染ませてますがこのベースの場合はファンデ無しで色つきのフェイスパウダーとかの方が良いかも。

ブルーのコントロールカラー1つでこんなにも変わるもんですね!

カラーの下地ってピンクばかり使っていたけど他にも購入してみたら何か発見がありそう♪

また色々研究してみます☆

デメリットのセール情報の大特集、あれもこれも素敵で悩んでしまう楽しさをを感じれます

あなたも一度は使ったことがあるであろう、某有名レシピサイト。

 

 

うまく使いこなせない

レシピを探したいのに疲れて終わってしまう

数がありすぎてイライラする

 

 

などなどのお悩みはよくお伺いします。

 

 

そこで今日はネットレシピの疲れない有効活用の仕方をご紹介しますね。

 

====================

こんにちは!

 

3ヶ月でココロもカラダも満たされる

ライフ・クッキング・レシピ

 

「ミタスkitchen」主宰 松村杏奈です。

 

日本全国進出中!

====================

 

今はスマホが普及して、なんでも調べられる便利?な時代!

私は料理に限らず、調べ魔なので、何でもかんでもすぐ調べちゃいます(笑)

 

 

そこで出てくるのが膨大に掲載されているネットレシピの世界。

あなたも一度は見たことがあるのではないでしょうか?

 

 

上記にもあるように、ネットレシピのおかげで良くも悪くもいろんな影響が出ています。

 

 

ネットレシピのメリット

①無料で手軽にレシピをGETできる。

②いろんなレシピを比較できる。

③書籍と異なり、場所をとらず、いつでもどこでも調べられる、見ることができる。

 

他にもあるかと思いますが、メインはこんなところでしょうか。

 

 

ネットレシピのデメリット

?信用性が低いものも多い。

?レシピの書き方が雑で分かりづらい。

?レシピが膨大にありすぎて、どれを選んでいいかわからない。(結果、レシピ探しだけで疲労困憊)

 

こんなところですかね。

 

 

どんなものにも必ず、メリットとデメリットがあるのは仕方のないことですが、

今回は、どうやってこのデメリットを解消していくかを考えていきましょうね!

 

 

 

ネットレシピ自体は手軽にレシピを検索できるので、

便利なツールの一つではあると思いますが、

私自身は、ネットレシピは上級者向けのツールだと思っています。

 

 

デメリットにも書いたように、一般の方が書いているレシピも多いので、

万人向けではないということ。

仮に執筆者の方が正しい軽量の仕方を知らなかったら?

正しいにる方法を知らなかったら?

小さじ1と書いてあっても、執筆者と閲覧者(あなた)での捉え方が変わってしまい、

味も作り方も変わってきてしまいますよね。

 

 

お料理初心者さんはまずは、

料理の基本とされる切り方や軽量の仕方、調理法(煮るとか焼くとか)を学ぶ方が

先決ではないかなと思います。

 

 

「料理の基本」を知ってから、土台を作ってから、

ネットレシピを活用すると、お料理の幅が広がるコトは間違いなし。

だって、ネットレシピはアイディアの宝庫ですからね。

 

 

そう!ネットレシピはアイディアの宝庫!

 

 

アイディアが無限大に書かれていると考えましょう。

 

 

どんなにたくさんのアイディアが転がっていても、

使い方がわからなければそのアイディアはゴミも同然。

 

 

まずは、基本を身につけましょう!

あなたの料理の土台を確立させましょう?

 

 

 

料理の基本をきちっと学びたい。

料理アレンジを自分でできるようになりたい。

そんな方のお申し込み、お待ちしております?

 

 

 

募集中

今年こそは料理上手になりたい!

イヤイヤ料理はやりたくない!どうせやるなら楽しく料理をしたい!

あなたのライフスタイルに自然と料理がある生活を

料理のなんで?を知りたい方

料理で自信を取り戻し、自分らしい毎日を送りたい方

ポケモンマスター的な(笑)

 

忙しくて料理をする時間がない!

今よりももっと計画的に料理をしたい!

そんな方は料理をする上での環境づくりから整えていきましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事