家庭用防犯カメラを設置する場所続きその1

防犯カメラ 設置工事

家庭用防犯カメラを設置する場所続きその1

防犯カメラの選び方としては、賃貸物件の場合は、建物にキズをつけずに設置できるタイプを選ばなくてはなりません。

一般家庭では、玄関の鍵のピッキング行為対策などとして、1階の入り口に家庭用防犯カメラを設置する方が多いですが、意外と2階のベランダから空き巣やどろぼうが入ることが多いそうです。

ですから、ベランダへの家庭用防犯カメラの設置も検討したほうがよいでしょう。

カメラの種類によっては、値段も変わってきますが、ドロボウを威嚇したいのであれば、威嚇機能が付いた家庭用防犯カメラもあります。

赤外線付きで、侵入者を察知すると音を出すなど、そうした防犯対策効果が高いカメラの設置がよいでしょう。

侵入者に感知して、光ったり、室内にチャイムを鳴らして知らせたりなどの機能もあります。

機能が多ければ費用も上がりますので、自分の家には最低限、どれだけの機能がほしいのか、何を優先した選び方をするのか、整理しましょう。

さて、家庭用防犯カメラをつけることで、犯罪を未然に防ぐことができるのか、どうか、不安に感じる方も多いでしょう。

防犯対策としてカメラを付けるご家庭も増えていますが、犯罪を抑止する力があるのかと言えば、難しいところでしょう。

ですが、もし、実際に犯罪が行なわれたときに、証拠を出せること、犯人に繋がる情報を提出できることは間違いありません。

防犯カメラの映像がきっかけで犯人逮捕につながった事件も多いですよね。

ですから、そうした観点から、家庭用防犯カメラをつけることで、「この家で犯行に及ぶのは危険」と犯人に思わせることもできます。


防犯カメラ 設置工事プログラム

コメントは受け付けていません。