1度で2度効くBIGBANG

Pocket

BIGBANGを貴方のお気に入り商品を通販ショップで見つけましょう、楽天なら初めての通販でも安心ですね

現在世界29都市36公演という破格のスケールで自身2度目となるソロワールドツアーを開催中のBIGBANGのG-DRAGON 。

19日(土)、そのワールドツアー日本公演「G-DRAGON 2017 WORLD TOUR<ACT III, M.O.T.T.E>IN JAPAN」が福岡ヤフオク! ドームにて開幕した。

今回のワールドツアーは6月10日(土)、ソウル上岩(サンアム) ワールドカップ競技場公演を皮切りにアジア、北米、オセアニア、ヨーロッパ、日本3都市のドームツアーなど全世界29都市36公演をまわるもの。日本公演はドームツアーとして、8月19日(土) 福岡ヤフオク! ドーム、8月22日(火)・23日(水) 京セラドーム大阪、9月19日(火)・20日(水) 東京ドームの全3都市5公演で26万人動員という、今回のワールドツアーの中でも最大規模の公演となる。

コンサートタイトルである「M.O.T.T.E」は「MOMENT OF TRUTH THE END」の略字で、真実の瞬間、真実そのものを意味する。アーティストG-DRAGON、30歳のクォン・ジヨンの人生の第3幕に対するストーリーを盛り込んでおり、成功がもたらした華やかな人生とその裏に隠れた孤独と苦悩、G-DRAGONの真実の姿を表現するステージは、ソロ初期の代表曲「HEARTBREAKER」でド派手な幕開け。アジアという枠を越え、いまや世界の音楽シーンやカルチャートレンドを牽引する存在と言っても過言ではない彼の登場で、福岡ヤフオク! ドームに集まった5万人超満員の観客は一気にヒートアップ。

「ONE OF A KIND」「CRAYON」「ピタカゲ(CROOKED)」といった代表曲に加え、6月に本国リリースされ全世界40ヶ国のiTunesで1位を獲得した最新ソロ作「KWON JI YONG」から「Untitled, 2014」ほか収録曲を惜しみなく披露し、5万人が掲げる黄色と赤のBIGBANGペンライトに埋め尽くされたドーム会場を揺らし続けた。

またライブ終盤には、前日18日がG-DRAGON満29歳の誕生日だったことを受け、特製のバースデーケーキがステージに登場し、5万人の観客がお祝いするというサプライズ演出も。さらに8月19日はBIGBANGのデビュー日(2006年8月19日本国デビュー) ということで、MCでは「今日、BIGBANGとしてデビューして11年が経ちました。11周年を迎えられたのは全て皆さんのおかげです。皆さんが居なかったら、僕はここに居なかったと思います。本当にありがとうございます」と詰めかけたファンに感謝を告げた。

これまでのワールドツアーで世界各国のオーディエンスをロックしてきたその世界基準のパフォーマンスで終始会場は熱狂。G-DRAGONだからこそ成しえる唯一無二のステージングで約2時間全20曲を駆け抜けた。

なおG-DRAGONは11月1日(水) に日本ニューミニアルバム「KWON JI YONG」をリリース予定。約4年ぶりとなるこのG-DRAGON最新ソロ作「KWON JI YONG」は、前述のとおり、6月に本国リリースされるやいなや日本はもちろんアメリカをはじめとする全世界40ヶ国のiTunesで1位を獲得したモンスターアルバムだ。G-DRAGONの本名“KWON JI YONG(クォン・ジヨン)”と冠された本作がついに満を持しての日本国内盤リリースとなる。「CD+2DVD+スマプラミュージック&ムービー」「CD+スマプラミュージック」「PLAYBUTTON」の3形態で発売となる国内盤の収録内容は、後日オフィシャルホームページ等で発表される予定で、ファンにとっては要注目だ。

さらにBIGBANGとしては、“海外アーティスト史上初の5年連続日本ドームツアー”となる「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-」の開催も先日発表されたばかり。「LAST DANCE」という意味深いタイトルが銘打たれた本ツアーは、11月18日(土)・19日(日) 福岡ヤフオク! ドーム公演を皮切りに、11月23日(木)・24日(金)・25日(土) 京セラドーム大阪、12月2日(土)・3日(日) ナゴヤドーム、12月6日(水)・7日(木)・13日(水) 東京ドーム、12月21日(木)・22日(金)・23日(土) 京セラドーム大阪の全4都市13公演、総動員数は64万6,000人という規模での開催が予定されている。

■ドームツアー情報
「G-DRAGON 2017 WORLD TOUR<ACT III, M.O.T.T.E>IN JAPAN」
2017年8月19日(土) 福岡ヤフオク! ドーム 開場15:00 / 開演17:00
2017年8月22日(火) 京セラドーム大阪 開場16:00 / 開演18:00
2017年8月23日(水) 京セラドーム大阪 開場16:00 / 開演18:00
2017年9月19日(火) 東京ドーム 開場16:00 / 開演18:00
2017年9月20日(水) 東京ドーム 開場16:00 / 開演18:00

<チケット料金>
席種:全席指定\10,800(税込)
年齢制限:3歳以上よりチケット必要※3歳未満は入場不可

■関連サイト
BIGBANG OFFICIAL HOME PAGE:

→BIGBANGについて村上春樹風に語る

いよいよジヨコン本編について…
※遅すぎ承知
ジャパンツアーが始まるこのタイミングで紛らわしくて大変恐縮ですが、これソウルの話です。
***

G-DRAGON CONCERT 2017

Act Ⅲ M.O.T.T.E in Seoul

(2017/6/10)


入場した頃はまだ空が明るくて、少しずつ色が変わっていくのがキレイだったな。
今回はソウルコンとしては初めての全指定席。スタンディング整列がなく、直前に席につければ問題ないので気持ちの余裕が全然違った。
でもスタンディングにはスタンディングの良さがあるのだよ…
スタンディングの場合はある程度自分次第で近くまで寄れるけど、指定だと位置はどうしようもないから距離は遠く感じたな。でもソウルの会場でこのワールドツアーの幕開けを見守ることが出来たのは感慨深いものがありました。

もう時間が経ち過ぎているにも程があるので、今更内容について細かくどうこう触れるつもりはないけど、ジヨンのソロ曲大好きなのいっぱいあるし、新譜もかなり好きな感じだったので、全部を生で聴けたのには単純に感動したのがこの日。

衣装も赤系で全般的にカッコよかった?。

ただ髪型だけは難解すぎて私のような平民には理解し難い部分も…
ところでこの公演は始まってわりとすぐのOBSESSIONで例の恐ろしいペン乱入事件があった…(-_-)

皆さん言っていたようにジヨンのかわし方があまりにもスマート過ぎたから(何やってもカッコよくなっちゃう系ジヨン)、ちょっと時代遅れ気味  ←おい
にマイケルジャクソンの演出の真似でもしてみたのかと思ったけど、後から色んな動画を見てゾッとした。


この日のセキュリティを見てください!…↓

この蛍光黄緑のチョッキ軍団。
これだけの人数がいながら、
なーんも機能してないやん!
マイケルジャクソンだって選ばれたファンがステージに上がるところまでは計画された演出なわけで、あくまでもマイケルを目にしたファンがその場で狂っちゃったのが問題だったわけだから、あれはセキュリティの問題ではなかった。

あと、マイケルは、
※しつこいけどアジアのMJつながりってことで許してください
ダンサーがステージ上で我慢出来ずにマイケルにキスしちゃって、ツアー中だったけどその場でクビになったとかいう話もあったな…

何が言いたいかというと、
ジヨン、気をつけて。

世界のマイケルジャクソンにせよ、アジアのマイケルジャクソンにせよ、こういうカリスマ的な人には病気みたいなファンが出ちゃうんだなぁ。

BIGBANGのステージならまだね…
仮に乱入したペンがいてもセキュリティを抑えてステージ下へ紳士的にエスコートしてくれる出来た(そして柔術チャンピオンでもある)マンネがいるから安心だけど、ジヨンくんは女子並みに繊細なのでソロはセキュリティにしっかりお願いしたいところです。


今回は席が遠かったのでスクリーン写したのとか、もはやあまり意味は無いけど動画貼っておきます。
THAT XX…大好きな曲?
編曲もアレンジしてあって素敵だった。
やっぱりソウルコンは本国ならではの豪華さがハンパない。CL登場も大興奮! 

CLとジヨンの組み合わせ好き。
なんの影も曇りもない異性ペアリング(なんなら性別逆?みたいな)はこの2人ならでは。

っていうか、大阪ならサマソニ都合的にもCL女史登場可能だよねとか思っちゃうんだけど、どうかなぁ…?やっぱりあれはソウルでしか叶わないの??

そして、まさかのIU登場でPALETTEやるとは!
featuringされている側の曲で、ましてやYGぺミリでもないアーティストを呼んでくれるなんて、完全にファンへの豪華プレゼントだと思った。

IUもジヨンと並んでて全然嫌じゃない← 基本はヨジャは嫌なものという前提

歌上手いし、清潔感あるし、自分の仕事を全うしに来ました…という感じで、距離感とか接し方とかに一切嫌な感じしなかったな。まぁ私は韓国語分からんのですが。むしろこういう人とつるんでくれていた方が安心とかそういう…  
※当方IUのことを殆ど知らずに発言しております。
この2人でMISSING YOUとか最高過ぎだったし?
この歌も大好き。← さっきから語彙乏しくてすみません
普段から女性ボーカルの歌はあまり聞かないけど、ジヨン+女子のデュエットは好物です。
この辺のコラボステージのセトリはどうなるんだろ?
ワールドツアーの動向とか追っていないので全く分からず…
この日この映像が流れた時の会場の反応が印象深くて。
テソ???
べべべべべ?????
…あ、あれ? 終わっちゃった。

BIGBANGからはもうひとり出れる人いるはずなんだけどな…  おかしいなぁ…
当然スンリの登場も期待されてたわけで、映像が終わると心なしか会場がざわついていた気が。
でもこの時はこれで良かったと思った。
兵役中(今となっては休養?中)の彼だけが唯一登場しないとそれもそれで4人のBIGBANGみたいに思えちゃうから(※たぷペン特有の発想?)、色々微妙な気持ちにならないためにもこういう映像のメンバー出演はランダム登場でOK。←…

…この日の反省点を振り返るとアンコールイベントの予習が出来ておりませんでした…m(_ _)m
メンブン期につき、お許しください。 ← やたらとそれを言い訳に使うなよ…
でも自国ペンさんたちの声は素晴らしく揃ってた。

アンコール一曲目はTHIS LOVE

これも好き??  ← だから、語彙…
元々MAROON5大好きだけど、THIS LOVEはジヨンのサンプリングバージョンが好き。
でもやっぱりアンコールのラストを飾った無題が一番印象に残ってる。
アンコールだからってライビュではカットされてたと聞いて驚愕…  マジかいなー。バッサリ切るとかしないで、少しくらい中身を見て考慮できないもんかなぁ…(-_-)  だってこの歌で締めないとジヨンが見せたいものが完成しないよ…
これを聴きながらボロボロ泣いたのを思い出す…  ←あの頃メンヘラってたから。(まぁ、今も若干 (゚∀゚))

私にとっては『無題』はたぷが目覚めた日の歌。
ソウルに向かうあの日の夕方に初めて聴いた曲だから、これからもずっとそういうふうに記憶していくんだと思う。聴くとなんとも言えない気持ちになる。
まぁ、その後色んな感情がぐるぐると渦巻き、この日とは違う想いも混ざってやっかいなことになっていますが…  
これはジヨコン日記なので割愛。←しきれてないやん

… という、まとまりのない日記ですが、今日からいよいよジャパンツアー!!!
無理矢理締めくくろうとしている感…
いや、もう、なんとしてでも日本の幕開けを迎える前にこの日記終わらせたかった。
いや、普通に取り掛かるまでに時間かかり過ぎ…
ピーマイも大阪に来るし、西日本は盛り上がってますね!
この日から東南アジア、北米、オセアニア…と世界をぐるっと回ってきたこのツアーがどのように進化してきたか、日本向けに何かアレンジされる点はあるのか…
(まぁ、花道なんてものは到底期待出来ないらしいですが)
ソウル以外でオリジナルグッズがあるのなんて日本だけだし、ドームなのも日本だけだし、やはり日本は恵まれた国ですからね。
あと数時間後には確認出来る。
楽しみです♪

コメントは受け付けていません。