BIGBANG情報特集

Pocket

BIGBANG 志望校が母校になる。

昨日の記事ですが
写真=YG ENTERTAINMENT
BIGBANGのG-DRAGONが、今年の誕生日にも心温まる寄付を継続した。

所属事務所YG ENTERTAINMENT側は本日(18日)、「G-DRAGONが本日、誕生日を迎えて、8180万ウォン(約810万円) を寄付したと国連難民機構(UNHCR) 韓国代表部に伝えた」として、「内戦および暴力で苦痛を受けている全世界の難民を助けるために寄付した」と明らかにした。

G-DRAGONは毎年自身の誕生日に特別な寄付を実践してきた。
身体の具合が悪い児童や社会的弱者のための寄付を活発にしながら、周囲の手本となった。
寄付に終わらずに、自身のSNSを活用してファンたちの寄付参加まで促すことでも有名だ。
今回G-DRAGONが伝達した寄付金は、国連難民機構の「グローバルシェルターキャンペーン」に使われる。

このキャンペーンは、全世界200万人の難民に臨時住居と安全な居住環境を提供するために、国連難民機構が2016年5月から展開している。

基金造成を通じて難民に生存に必要な最小限の臨時居住空間を提供する。
また、暴力と迫害などによる身体的・精神的被害を克服するようにサポートする。
G-DRAGONは、「僕らが平和な世の中で生きることができたら嬉しいと思う。内戦と暴力により避難の道に乗り出した子供たちを見ると胸が痛い」として、「彼らに少しの間でも休める場所を作ることに、僕の小さい誠意を加えたい」と寄付の趣旨を説明した。

それと共に、「平和は考えだけで成し遂げることができるのではなく、それを成し遂げようとする僕らの共同の努力によって作られるという考えを伝えたい」と付け加えた。
寄付のニュースと共にG-DRAGONは、この日午後8時18分「BULLSHIT」のミュージックビデオをファンたちにプレゼントする。

発売当時USBアルバム「クォン・ジヨン」に入れられたリンクを通じて、独占公開される。

USBアルバムに初めて更新されるコンテンツで、より一層熱い関心が集まっている。
source:MYDAILY,Kstyle
ジヨン今年も

毎年本当に尊敬します。

   

BIGBANG 前略、手塚先生。21世紀に間に合いました。

男性グループBIGBANGのG-DRAGONが誕生日を迎え、全世界の難民を助けるために8,180万ウォンを寄付した。彼は毎年、自分の誕生日に特別な寄付を実践している。

G-DRAGONの所属事務所YGエンターテイメントは「G-DRAGONが 内戦と暴力に苦しんでいる難民たちのためにと、国連難民機関(UNHCR)韓国代表部に8,180万ウォンを寄付した」と18日明らかにした。 G-DRAGONの寄付金は、国連難民機関の「グローバルシェルターキャンペーン」に使用される。 8,180万ウォンはG-DRAGONの誕生日8月18日を意味する。

「グローバルシェルターキャンペーン」は、全世界の200万難民に仮住まいと安全な居住空間を提供するための資金を造成する運動で、昨年5月から展開している。難民が暴力や迫害などによる身体的、精神的被害を克服し、人生を再建できるように助ける。

G-DRAGONは「平和な世の中になればと思う。内戦と暴力によって避難した子供たちを見ると悲しい。彼らに少しでも休む所を作ることに対し、私の小さな真心を込めたい。」と感想を明らかにした。

普段G-DRAGONは、体が不自由な子供たちには、社会的弱者のための寄付を実践し、SNSに自分のアカウントを使用してファンにも寄付を奨励することで有名だ。昨年の誕生日を迎えビッグバンメンバーたちと一緒に、様々な記念日に寄付活動を奨励する「ユニセフ記念寄付」プロジェクトを進行した。

@hankookilbo.com

今年も誕生日記念の寄付したんだ

偉いな~~
始まりは ファンサイトさんからだった
ジヨンのソロコンの記念に
小児病院に寄付を始めた
ジヨンの名前で・・・
それは毎年続いていてご立派です
それからジヨンも
ファンの思いにこたえるように寄付し始めた
素晴らしいファンサイト様
同じく賛同して寄付始めたジヨンも素敵
ウリジヨン かっこい~~

コメントは受け付けていません。