代償についてのハイセンスなあなたのサイト

Pocket

大注目、格安の代償を販売しているのはココ!

統合失調症の人が初めて初診する際には、標準体重より痩せていることが多い。もちろん例外はあるが一般的にはそうである。

かなり昔、たぶん30年くらい前だが、中国の精神科病院の映像をテレビで観た。概ね痩せ細っていて、どのくらい治療されているのかも定かではなかった。ひょっとしたら収容されているだけだったのかもしれない。

統合失調症で緊張病状態などでは、興奮、昏迷にかかわらず碌に食べないことも稀ではなく、初診直前に痩せているのは自然である。

治療を開始すると、次第に食事が摂れるようになるので体重がゆるやかに増加する。これは効果の一部が目視できるわけで、表情などの改善なども含め、体重増加は良い結果と捉えられることが多かった。これは今でも基本的には同じである。

当時、特別に体重増加を来す薬がなかったわけではなく、旧来のフェノチアジンのコントミンなどは体重増加を来しやすいとされている(個人的にはそれほどではない印象)。それに対しセレネースやトロペロンなどのブチロフェノンは薬自体の体重増加作用は大きくない。

重要なのは、ここ20年くらいで発売された非定型抗精神病薬は、旧来の薬に対し体重増加を来しやすい薬が多いこと。これは錐体外路症状を弱めることや陰性症状に効果的である作用機序の代償のような感じになっている。また日本人については、このタイプの薬に弱く、西洋人に比べ体重増加のため糖尿病を来しやすい。

そのような理由で、ジプレキサとセロクエルはおそらく日本でのみ糖尿病に禁忌となっている。

非定型抗精神病薬で体重増加を来しやすい薬は、薬剤性の過食なども生じうるため、精神症状の改善によるものと薬剤性による体重増加が2重に起こる。そのために激太りという好ましくない事態になる。

これは結果的に、本来の良い結果と捉えられた体重増加を台無しにしているが、程度にもよるが体重増加を来しても精神病状態が良くなる方が遥かに良い。ここが、いわゆる反精神医学的な考え方の人たちが理解できない点である。

統合失調症でも中核群と呼べる古典的精神病状態を放置すると、精神が荒廃し、人としての生活が成り立たなくなる。また、容易に後戻りがきかないことも重要である。

真に荒廃している人は打つ手がないが、それでも服薬している方が看護が楽だし、他の人への迷惑行為が減るので、特に入院している活発な症状を持つ人は結構な用量を服薬していることが多い。また、年配で未だにそのレベルにある人は標準体重か痩せていることすらある。エネルギーを消費する戦いが続いているからであろう。

回復期に体重が緩やかに増加するのは、いくつかの要素があり、1つは上に挙げた食欲が回復すること。2つ目は、それまで脳内で異常体験や恐怖、不安、疑念などのために消費していた無駄なエネルギーが費やされなくなるのが大きい。(治療の結果、交感神経優位から副交感神経優位になったため体重も増加したという理解も良い)

興奮はともかく、昏迷はほとんど動けないため運動の面でカロリー消費が多かったわけでは決してない。服薬により脳の燃費が著しく改善し、その結果、体にカロリーが行きわたるのである。これに薬剤による体重増加作用が加わる。

次第に進行し慢性期になると、脳の燃費が改善したのは良いが空虚で不活発になるので、思考的にも身体的にも消費エネルギーが減少する。また、中年以降では代謝も低下するため、この水準の人たちは肥満している人の方が多い。これが古典的な戦いをほぼ終えた統合失調症の患者さんの姿だと思う。

また長期に入院している患者さんの場合、もちろん運動不足も影響する。

今回の記事は統合失調症の人(特に中核群)を想定して記載している。診断がうつ病、躁うつ病、広汎性発達障害などの人では状況が異なる。それは近年は精神疾病の多様性がみられ、過食など他の状況が体重へ大きく影響するからである。また広汎性発達障害などの人では、薬剤性に敏感なため、それらの影響が強く出たりする。

精神疾患全てが多様化しているため、以前より体重増加を避けるといった制限のある治療は難しくなっているのである。(一応、それに注意して治療を進めましょうくらいは自分は伝えている。特に女性や体重増加を気にする人)

参考

(古い記事)

(古い記事)

(この患者さんは現在59㎏である)

(2008年の総論的な記事)

代償 百年、貯めたっていい。

子供たちのくだりは、朝と昼のブログで書いた通りです。

今回のネタは、嫁とのこと。

嫁は、朝に子供たちを連れてきました。

相変わらずそっけない感じではありましたが、普通に会話しました。

普通に聞いてくれました。

嫁は、家の中の色んなものを持って行きました。

やはり不足分が色々あったようです。

2階寝室のカーペットまで持っていきましたので、

さすがに困ると思い(ぶっちゃけ困りませんが、気分的に凹むので)、新しく買ってきました。

ついでにそこに布団を敷いて、今日はそこで寝る予定です。

いつも子供たちが寝ている部屋で。逆に凹みそうw

夕方、プリキュアショーに行って買い物をして帰宅した時、

娘が1時間超の間昼寝をしていました。

置くと泣くので(赤ちゃんかよ!)、ずっと抱っこネンネでした。

重い、しんどい

起きたら起きたで、お腹すいただの、ママいないだので大変

嫁を召喚し、食事は母のところで作っているからそれを持ってきて食べました。

嫁もココで食事。あまり乗り気ではなかったみたいですが、強引に食事に誘いました。

毎日毎日でしんどいだろう、たまにはサボりなよ、と。

19時過ぎてしまったので、子供達をココでお風呂に入れて、妻子は帰宅。

次男君はじじばば宅でお泊りらしいので、隣の家に居ます。

次男はじじばばっ子なので、じじばばを癒してくれます。ある意味、すごくありがたい存在です。

父母も、息子夫婦がいきなり壊れかけて、孫も出て行くという話になっていて元気がない状態でしたので。

そのあたりのバランスを無意識のうちに取ってくれています。

ありがとうな次男。

嫁との会話で、

私がわざとふざけた口調で、

「出て行かないでよぉ、頼むよぉ、淋しいよぉ」

って泣きつきながら(嘘泣きです)言ったら、

『うっさいなー、きしょいわ!』

って振り払われました。笑って。

嫁の心境は不明ですが、笑ってくれました。

嫁の心境は不明ですが、確かに笑ってくれました。

気持ちが離れて家を出ていった嫁ですが、

離れたことで少し気持ちが落ち着いてくれたのかなと感じてしまいました。

違うかもしれませんが。

先は長そうですが、

少しずつ、嫁の心を取り戻していこうと思います。

帰り間際も、ふざけて

「行かないでくれよぉ、頼むよぉ」

と同じことやってみましたが、

『うっさいわ。きしょいなー』

と半笑いで振り払われました。まあそんなもんやな。

明日以降の平日も、息子たちは日中はこちらに来るとのことなので、

私は仕事で会えませんが、少し安心です。

よく分からないアパートに子供だけ残すのもちょっと怖いなと思いますし。

どうせ帰宅したら誰もいないのにグチャグチャなんだろうなーとは思いますが、

まあ幸せの代償ということで気にせずです。

コメントは受け付けていません。