代償 有楽町で逢いましょう

Pocket

必見!代償

さて、お盆休みもそろそろ終わり…

私は、名古屋の自宅に1人のんびりまったりのママ休暇をもらい、久しぶりの悠々自適な暮らしをしておりました(??????)
早朝、カフェでの贅沢モーニングやら、
仲良しのお友達と会ったり、仕事仲間と打合せしたり…
お気に入りのバックを修理に持って行ったり…
とにかくやりたいと思う事の優先順位上位をやりました!!
そしたら、時間を上手く使う事の大切さを身にして感じました。(時間って大切さですね!)
さて、
先日こんな話をある方に相談されて、
私なりに考えるきっかけになったことを
今日は書こうと思います。
ある女性の話です。
女性の中で同じ境遇や考えの方が結構いるかもしれませんね。
と、言うことで…
仕事・パートナー…結婚…」というキーワードで書いていきます。
その女性は、私の同業者で先輩でもあるのですが起業して成功し
現在とても素敵に輝いています!!
(本当に素敵なのです?オーラがあります)
いつも、
センスの良い服と鞄、時計などを身につけ、
自由な時間と、素敵なオフィス、歳に見えない美貌、綺麗なネイルに、BMWの愛車、素敵なお家
…とにかく、女性なら誰もが羨む生活を叶えているように見えるのです?
そんな彼女…
好きなことで起業して、成功して、今ひときわ輝く素敵ライフを送っているのですが、
(そこまでの努力と苦労は、凄いものがあります。やっぱり成功の陰には努力ありです。ここでは詳しく書くことを控えますね)
しかし、そんな何もかも手に入れたように見える彼女の心にはモヤモヤがあるというのです。
そのモヤモヤの正体は
結婚」です。
長く付き合う、「パートナー」の彼はいるのですが、結婚はしていません。
いわゆる大人な関係で、
ドキドキキュンキュンという若い頃の恋愛のような関係ではなく、
落ち着いた大人の恋人と言うことなのですが、
その関係に何か大きな不満はないものの、
 何だか心の底では「結婚…」という望みも自分が本当は持っているという事実もあると言うのです。
仕事の話も出来て、
夜に素敵なレストランで食事をして、
長い休みには旅行にも行く…
喧嘩もするけれど、公私ともに良いパートナー…という満足いっている関係だけれど、
自分の歳を考えた時に「結婚しない」
このまま、「パートナー」という関係でいるという選択を自分が選ぶのか?
と言うと、
どこかで引っかかる自分の素直な気持ちもあるというのです。
あなたはどう思いますか?
私はこの話を聞いて…
自分に置き換えた時、 
私は「結婚」を選び
「子供のいる人生」を望みました。
好きな事をやる人生を選びながら、
優先順位は「結婚」「子供」を「好きな事を仕事」の上にもってきたのです。
その決断をしたのは、私が29歳のときでした。
私も人並みに、結婚適齢期を逃してはもう後がないと思ったからです。
結婚も子供も、長い人生の中でも、
これだけは適齢期…があって
できる時に限りがあると思ったから…。
好きな事を仕事にして、思いっきりやって、お金を手にして、仕事で地位を手に入れる事を
少しだけ横に置いて「保留中…」にしたのです。
今その選択に後悔はありません。
ちゃんと結婚、子供…と言うその時の望みを叶えたし、今も仕事は「保留中…」ですが、それ以上の幸せを手に出来たからです。
彼女の心のモヤモヤは、本当の望みがありながら、
少し自分のその望みに
「好きな事をやって幸せに生きる」という願いを重ねて、あえて向き合うことをやめて隠しているようにも思えました。
それは、「結婚は1人でできないからです
好きな事を仕事にして起業する事は1人で決断すれば
簡単にできるものです。
しかし、「結婚」は相手があります。
1人の気持ちでは思うようにいかないこともあります。
20代後半から30代と、
「仕事」、「結婚」、「出産」
全ての女性にとってやはり大きな帰路であり選択の連続だと思うのです。
選ばなかった未来はない…
時間は今この瞬間も刻々と過ぎています。
あなたは何をその時選ぶのか?
その自問自答が未来を作るのです。
結婚したいのに、しないパートナーと一緒にいる自分。
それ以外の願いは全て手にいれたのに…
彼女の本当の心は、多くの女性がある年齢に迷い、悩む…どこにでもよくある話です。
 「代償」とも言うべきでしょうか。
好きなことをやって、望みを叶え、憧れていた暮らしとキラキラ輝く自分を手にいれた
「代償…」
1つ言えることは、
好きなことで成功することは、簡単に見えて、
やっぱり「時間」と「努力」と「行動」が必要なのです。
みな持ちうる時間は同じ。
毎日どんなことに時間を費やしているか?



それが、その時の「自分の優先順位」になるのです。
仕事・パートナー…結婚…子供
全てをそのひと時に手に入れることは、難しいです。全てを手に入れることは不可能ではないけれど、順番です。1つずつ…なのです。
1つずつ、自分の心に向き合いよく考えて
その時のベストな優先順位を選ぶことが大切だと思います。


「今、私が叶えたいことの1番は?」


「それは、今しか出来ないことなのか?」


「5年後でも大丈夫なら、優先順位を変える選択もあると言うことです」


「本当に手にいれたいものが今しか出来ないことなら、ちゃんと心に正直になって選ぶことです」
< br>

代償のお気に入り人気商品を検索、貴方に合う商品を楽天で探しましょう

オートスポーツwebに、 きぃ様と対談???の記事が・・・・

まぁ、面白おかしく、いつもどおり、『何がホントか?』よくワカラナイ話が対談されています。。。ので、お楽しみくださいませ。。。

URLは、こちらです。。。

コメントは受け付けていません。