吾郎楽天ショッピング

Pocket

吾郎ご用達専用サイト

前回の『ゴロウ・デラックス』
吾郎ちゃんの「告白」に衝撃受けました…
三島由紀夫の人生観を聞いた後…
ゲストの岩下尚史さんが、
この発言をしたら…
吾郎ちゃんが、機関銃のように
今の思っている事を…
『本当に最近1年くらいですよ…
なんか…こう強靭な心と肉体になると
思ってたんですよ』
すると…
岩下尚史さんから「行動しなきゃダメ」
稲垣吾郎が出した答えは
『自己改造』
これからの稲垣吾郎に
期待しています
今、「銀の正解銀の正解」観てます
吾郎ちゃんのバラエティー好き
大笑いして楽しんでいます

第1回たまには吾郎について真剣に考えてみよう会議

ちす。
もう終わりそうですね。
なにこの梅雨みたいな天気。
なめてんのか。
もっと晴れろよ。
終わるなよ。
こっからじゃねーか。
海もビアガーデンもスイカ割りも
なんもやってねえ。
仕事やめてえ。
けど
ロッキン楽しかった。

特によかったのが

まずnulbarich
去年の冬くらいから
ギャンギャン聴きまくってる。
もう最高。
そんだけ。
奥ゆかしき日本語でも
表現しきれない。
いや単に語彙がないだけだけど。
んで、yonige
平さんとほぼ同時に掘り当てた驚異のガールズバンド。
いやもうガールズって付けたくない。
ガールズバンドなんて括りに収まる気がしない。
牛丸の声が良すぎて草生える。
ビジュアルとかどーでもいい。
でも、ごっきんは絶対安産型。知らんけど。
歌詞とビートが良い意味であまりにも
狂ってる。
この曲に関しては本当どうかしてる。
ぶつけられたら泣く自信あるわ。アボカドて。
なによりライブが良かった。
とち狂ったかのように踊っちゃって
周りの皆さんなんかもう本当すみませんでした。
あとはヨギーだなー
思いのままに行くだけさ。
心地よくて興奮して忙しかったわ。
ゆっくりとしたサウンドに角舘のフローが
絶妙に合っててビシバシ。
とろろと白飯くらい合ってる。
ただ、歌ってる時の癖がすごい。
あと、てっちゃんに強引に連れてかれて
音源もライブも知らなかったけど
きのこ帝国
高校の頃からだけど
てっちゃんが勧めてくる音楽に本当ハズレない。
全俺が震えたわ。
即座にCD買ったわ。
鬼リピート。
今までタイムテーブル見た時に
変わった名前のバンドだなー
くらいにしか思ってなかった自分を
なんの躊躇いもなく撲殺したい。
そのくらい良かった。
あと欅坂。
ほぼMCなし。
ライブとダンスで殺しにかかってきた。
ダンスでみんな倒れすぎ。
あんなステージフルに使うアイドルとは
おみそれいりやした。
ぶっちゃけ冷やかしで見に行ったけど
心をケツバットされた。
最終日グラスのトップバッターだったけど
確実にこの日最初のロックを見せられた。
と、My hair is bad
こいつらはね
すっっっっっごい。
メンがヘラってるとかって次元じゃない。
元カノへの恨み辛み妬みで
身体が出来てるんじゃないかってくらい
炸裂してる。
もう後悔とか懺悔とか軽く飛び越えて
とにかくメンヘラ。
聴いてて心配になるレベル。
でも、ライブくっそよかった。
曲中バシバシに歌詞改変してきたりするの
あれグッときたー。
朝一で見たけど
熱量がほかのバンドの比じゃなかった。
んで忘れらんないのがKICK THE CAN CREW
いきなり1曲目千%て
ずるいわー。
リトルもKREVAもMCUも
誰1人として衰えてないし
あの頃のかっけーキックが
さらに進化してた。
sayonaraで泣きはぐった。
DJが熊井吾郎だったんだけど
コンビネーションもスクラッチも半端ない。
何万人の大観衆の前で
あのスクラッチは
心臓毛むくじゃらだろ。絶対。
いやー、
ロッキン
良かった。
浴びるほど酒も飲めたし
言うことなし。
夏後半楽しもう。

コメントは受け付けていません。